縮景園で、水辺の風景を描きました!

去る4月22日(土)、ただいま開催中の特別展「英国ウェールズ国立美術館所蔵 ターナーからモネへ」の関連イベントとして、ワークショップ「水辺の風景を描こう」を開催しました。

講師には難波平人先生(広島大学名誉教授)をお迎えし、事前に申込いただいた約20名の方々に参加いただきました。

実際に制作に入る前に、まずは「ウェールズ展」出品作品の中から、水辺の風景を描いた絵画を中心にご覧いただきました。画題が近い作品であっても、水平線の位置や構図などがそれぞれ異なります。難波先生には画家としての視点から、作品の見どころを伝えていただきました。

その後、美術館に隣接する名勝・縮景園へ移動。池のほとりなど、参加者の方々が思い思いの場所で制作をはじめます。縮景園の各所に参加者は散らばりますが、講師の難波先生も指導のため、園内を駆け回ってアドバイスを続けました。

続きを読む

縮景園で、水辺の風景を描きました! はコメントを受け付けていません。