広島県立美術館

トップぺージ > 所蔵作品展 > 戦争と平和展開催記念展示 日本とアジアの工芸作品 ―つながる心 平和の礎

  • 開催中の所蔵作品展
  • 今後の所蔵作品展
  • 過去の所蔵作品展
  • 館蔵品検索

所蔵作品展

戦争と平和展開催記念展示 日本とアジアの工芸作品 ―つながる心 平和の礎

イベント画像

Commemoration of the Exhibition“War and Peace”: The Craftwork of Japan and Asia ―Connected Hearts, Foundation of Peace

2015年7月4日(土) ~2015年9月27日(日) 
展示室:第4室
南蛮漆器、伊万里焼柿右衛門様式、インド更紗等、工芸作品は国境を越えて流通し、文化交流や相互理解・相互尊重を育む礎となりました。当館が誇る「日本とアジアの工芸作品」を通じて、文化交流による平和の構築を考えるきっかけにしたいと思います。

《草花蒔絵螺鈿書見台》桃山時代~江戸時代初期

内容


当館は生活に身近な工芸作品を通してアジアへの理解を深めるため「日本とアジアの工芸作品」をコレクションの1つの柱としています。工芸作品は、様々な生活の場面を潤して集う人々の心を繋ぎ、遠く時空を離れていてもその意匠には「平安」や「繁栄」などの願いが共通して認められ、また、商品や贈り物として流通し人・文化・経済・技術の交流を促進してきました。

広島県では「創り出す平和」の理念のもと、戦争のない平和な世界を構築するための積極策が講じられています。そうしたなか、文化による交流は相互理解や相互尊重を育む上で根源的な底流を成すものと言えます。文化により世界がつながっていること、文化に世界をつなぐ力があることは、人々の願いを身近に反映し、国境を越えて流通してきた工芸作品に如実に表れています。南蛮漆器、柿右衛門様式伊万里焼、インド更紗ほか当館が誇る「日本とアジアの工芸作品」を通じて、文化による平和の維持・構築を考えるきっかけにしてみたいと思います。

チラシダウンロードはこちらから(PDF:3.71MB)















概要

会期:平成27年7月4日(土)~平成27年9月27日(日) 9:00~17:00
※金曜日は20:00まで
※入館は閉館の30分前まで
会場:広島県立美術館 2階 第4室
休館日:月曜日(特別展会期中及び祝日、振替休日は開館)

入館料:一般 510円(410円)、大学生 310円(250円)、高校生以下無料
縮景園との共通券:一般 610円、大学生350円
※ ( )内は前売り・団体20名以上
※身体障害者手帳をお持ちの方や65才以上の方、県内の大学に在学する外国人留学生の方などは無料。
※特別展入館券で本展もご覧いただけます。

同時開催の特別展
生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展 7月18日(土)~9月6日(日)
広島・長崎 被爆70周年 戦争と平和展 7月25日(土)~9月13日(日) 

目録(リーフレット)

リーフレット出品目録のダウンロードはこちらから(PDF:634KB)

※出品目録と展示作品の順番は異なる場合がございます。
※作者、制作年について不明な場合は表記しておりません。
※展示期間に記載のない作品は通期展示します。
※展示作品の内容が変更となる場合がありますので、ご了承ください。

主な出品作品


重要文化財《伊万里色絵花卉文輪花鉢(柿右衛門様式)》
日本、17世紀後半、口径24.4㎝、高11.5㎝、磁器・色絵




《胡銅銀象嵌盒子》
アフガニスタン、14世紀後期、径18.5㎝ 高21.0㎝、鋳造・彫金



《女性用外衣(ハラト)》
ウズベキスタン、1900年頃、129.0㎝×162.8㎝、絹・綿・経絣

清水南山《波に竜文水瓶》
日本、1937(昭和12)年、経13.0㎝ 高33.0㎝、銀・彫金



《生命の樹文更紗》
インド、1770年頃、310.0㎝×219㎝、木綿・手描媒染防染





《背飾り(ゴシャ・アシク)》
トルクメニスタン、19世紀初期、幅14.0㎝ 高さ15.0㎝、銀・鍍金・カーネリアン

関連イベント

友の会ボランティアガイド

開催中のHPAMコレクション展をガイドします。
日時:平日14:00~、土日祝11:00~・14:00~
会場:2階 4室
※要入館券(高校生以下無料)、申込不要
7月12日14:00~、9月20日11:00~・14:00~、8月1日14:00~の回は休み

学芸員トーク「作品から伝わるメッセージ」

担当学芸員が展示作品と展示趣旨を解説します。
日時:8月14日(金)17:00~
会場:2階 4室
解説:宮本真希子(当館学芸員)
※要入館券(高校生以下無料)、申込不要

コレクションを描こう♪スペシャル「平和ってどんなこと?作品から感じてみよう」

本展と「広島・長崎 被爆70周年 戦争と平和展」を鑑賞後、平和を伝えるためのアイデアスケッチを作成します。
日時:8月15日(土)10:00~12:00
受付:2階ロビー 場所:2階展示室
料金:500円(同伴の保護者は1名まで無料、2名から1名あたり500円)
対象:4歳~中学生まで
定員:20名(先着順)
講師:山本志帆(日本画家)、宮本真希子・山下寿水(当館学芸員)
申込方法:お電話にて当館までお申込みください。ワークショップ名、参加者名(保護者が付き添う場合は保護者名も)、年齢(こどものみ)、電話番号をお伺いします。
※要事前申込、入館券不要 ※未就学児の方には保護者の同伴をお願いいたします。

開催クレジット

主催:広島県立美術館、乃村工藝社・イズミテクノ美術館活性化共同事業体


報道関係の皆様へ

本展の広報・周知にご協力いただきますようお願いいたします。
広報用画像の依頼などは当館までお問い合わせください。

プレスリリースはこちらから(PDF:575KB)



広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum
〒730-0014 広島市中区上幟町2-22  2-22 Kaminobori-cho, Naka-ku, Hiroshima 730-0014 Japan
Tel:(082)221-6246 Fax:(082)223-1444 E-mail:iroeuma2@gmail.com

開館時間

9:00-17:00(入館は閉館の30分前まで)
2016/10/31-2017/3/31までの金曜日は19:00まで開館。
2017/4/1-2017/10/22までの金曜日は20:00まで開館。

休館日

月曜日、年末年始(12/25~1/1)
※特別展会期中・祝日・振替休日を除く。

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ