広島県立美術館

トップぺージ > 所蔵作品展 > リニューアル・オープン20周年記念「心に触れる自然の美」

  • 開催中の所蔵作品展
  • 今後の所蔵作品展
  • 過去の所蔵作品展
  • 館蔵品検索

所蔵作品展

リニューアル・オープン20周年記念「心に触れる自然の美」

イベント画像

20th Anniversary Renewal Open: Nature’s Beauty

2016年7月13日(水) ~2016年8月28日(日) 
展示室:第3室第4室
夏らしい作品と、四季の変化をみずみずしくあらわした絵画・工芸の名品たちをご紹介します。


作品画像:吉田 博 《瀬戸内海集 第二 「潮待ち」》 1930(昭和5)年、木版・紙



 四季の区別が明瞭な日本では、人々は自ずから季節の変化を身に受けて育ち、長じて作家となった人々もまた、表現の対象を自然のうちに求め、季節の情趣を作品に込めて制作することが少なくありません。
 このたびの企画では、絵画と工芸の各ジャンルから、「夏」にふさわしい作品を中心に、四季の変化を心にとめてみずみずしく表現した日本人作家の作品、さらには独自の世界観を自然の造形に託したアジアの金工品まで幅広くご紹介します。
 自然の現象や季節の移ろいを情感豊かにつづった作品を通じ、現代の私たちの心の奥底に触れる多彩な自然の美をどうぞごゆっくりご鑑賞ください。

概要

会期:平成28年7月13日(水)~8月28日(日) 9:00~17:00
※金曜日は20:00まで開館
※入館は閉館の30分前まで

会場:広島県立美術館 2階展示室
休館日:月曜日
※特別展会期中・祝日・振替休日を除く
※東山魁夷展は月曜日休館

入館料:一般 510円(410円)、大学生 310円(250円)、高校生以下無料
縮景園との共通券:一般 610円、大学生350円
※ ( )内は前売り・団体20名以上
※身体障害者手帳をお持ちの方や65才以上の方、県内の大学に在学する留学生の方などは無料。
※特別展入館券で本展もご覧いただけます。

同時開催の特別展

第4回新県美展(第68回広島県美術展) 7月2日(土)~7月17日(日)
大恐竜展 ― よみがえる世界の恐竜たち 7月23日(土) ~9月4日(日)

目録

出品目録(日本語)ダウンロードはこちらから(PDF:241KB)
出品目録(英語)ダウンロードはこちらから(PDF:130KB)

主な出品作品



吉田 博 《瀬戸内海集 第二 「潮待ち」》 1930(昭和5)年、木版・紙



中西 利雄 《マドモアゼルS嬢》 1938(昭和13)年、水彩・紙


楠部 彌弌 《緑釉向日葵花瓶》1955(昭和30)年、陶器



藤本 能道 《草白釉釉描加彩月下木乃葉ずく陶筥》 1991(平成3)年、磁器、色絵



柳原睦夫 《空の力学》 1976(昭和51)年、陶
 
 

関連イベント

友の会ボランティアガイド

当館友の会ボランティアガイドが所蔵作品展についてわかりやすく解説します。
日時:平日14:00~/土日祝11:00~、14:00~(1時間程度)
場所:2階展示室
参加料:無料
※要入館券(高校生以下無料)、申込不要

開催クレジット

主催:広島県立美術館、乃村工藝社・イズミテクノ美術館活性化共同事業体

報道関係の方へ

本展の広報・周知にご協力いただきますようお願いいたします。
広報用画像の依頼などは当館までお問い合わせください。
プレスリリース[PDF:578KB](ダウンロードはこちらから)



広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum
〒730-0014 広島市中区上幟町2-22  2-22 Kaminobori-cho, Naka-ku, Hiroshima 730-0014 Japan
Tel:(082)221-6246 Fax:(082)223-1444 E-mail:iroeuma2@gmail.com

開館時間

9:00-17:00(入場は閉館の30分前まで)
2017/10/23-2018/3/31までの金曜日は19:00まで開館。
2018/4/1-2018/10までの金曜日は20:00まで開館。

休館日

月曜日、年末年始(12/25~1/1)
※特別展会期中・祝日・振替休日を除く。

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ