広島県立美術館

トップぺージ > 所蔵作品展 > 広島が生んだ芸術家たち―圓鍔勝三・山路商・和高節二

  • 開催中の所蔵作品展
  • 今後の所蔵作品展
  • 過去の所蔵作品展
  • 館蔵品検索

所蔵作品展

広島が生んだ芸術家たち―圓鍔勝三・山路商・和高節二

イベント画像

Hiroshima Produced Artists - Katsuzo Entsuba, Sho Yamaji, Setsuji Wadaka

2014年9月26日(金) ~2015年1月12日(月) 
展示室:彫刻展示スペース第1室第2室
郷土―それは芸術家たちの心の支えとなり、時に作品にも大きな影響を与えます。
日本を代表する彫刻家・圓鍔勝三、広島画壇の前衛として知られる洋画家・山路商、郷里で描き続けた日本画家・和高節二。広島ゆかりの3人の芸術家に注目することで、広島が生んだ多彩な芸術世界を紹介します。

画像:山路商 《犬とかたつむり》 1937年

展覧会内容












 


 

 本特集では、明治後半に生まれ、異なる分野で活躍しつつ、同時代を生きた3人の広島ゆかり作家に焦点を当てます。
 彫刻家の圓鍔勝三(えんつば かつぞう/1905-2003)は、尾道市出身。木をはじめ石、金属など多様な素材を用いた、温か味のあるユニークな造形で知られます。洋画家の山路商(やまじ しょう/1903-1944)は、先進性と高い表現力により、昭和戦前期の広島においえて前衛美術運動の中心で活躍。日本画家・和高節二(1898-1990)は、郷里・安芸高田の自然を見つめ、農村風景をみずみずしく描き出しました。彼らの作品を中心に、広島絵画史を彩る他の作家も併せてご紹介。素材の魅力を活かした表現や技法をご鑑賞ください。

展覧会概要

会期:平成26年9月26日(金)~平成27年1月12日(月・祝) 午前9時~午後5時
※11/7までの金曜日は20:00まで、それ以降の金曜日は19:00まで開館
※入館は、閉館の30分前まで

会場:広島県立美術館 2階彫刻展示スペース、第1室、第2室
休館日:月曜日(特別展会期中及び祝日、振替休日は開館)

入館料:一般 510円(410円)、大学生 310円(250円)、高校生以下無料
縮景園との共通券:一般 610円、大学生350円

※ ( )内は前売り・団体20名以上
※身体障害者手帳をお持ちの方や65才以上の方、県内の大学に在学する外国人留学生の方などは無料。
※特別展入館券で本展もご覧いただけます。

同時開催の特別展
ポーラ美術館コレクション モネ、ルノワールからピカソまで 9月13日(土)~11月9日(日)
広島が生んだデザイン界の巨匠 榮久庵憲司の世界展 11月18日(火)~12月23日(火・祝)
ジャパン・ビューティー ―描かれた日本美人― 1月2日(金)~2月15日(日)

目録(リーフレット)

「広島が生んだ芸術家たち―圓鍔勝三・山路商・和高節二」リーフレット(PDF:218KB)
広島が生んだ芸術家たち―圓鍔勝三・山路商・和高節二」出品目録(PDF:213KB)

※出品目録と展示作品の順番は異なる場合がございます。
※作者、制作年について不明な場合は表記しておりません。
※展示期間に記載のない作品は通期展示します。
※展示作品の内容が変更となる場合がありますので、ご了承ください。

主な出品作品

圓鍔勝三
《星羅》
1960(昭和35)年



圓鍔勝三《ムーランルージュの夜》
1975(昭和50)年



山路  商《T型定規のある静物》
1932(昭和7)年




山路  商《犬とかたつむり》
1937(昭和12)年




和高節二《村の子供》
1933(昭和8)年



和高節二《田植時》
1929(昭和4)年
 
※会期中、一部作品の展示替えを行います。

関連トークイベント

※要入館券(高校生以下無料)、申込不要
友の会ボランティアガイド

展示作品についてわかりやすく解説します。(約1時間)
平日:14:00~
土日祝:11:00~、14:00~
場所:2階展示室
※要入館券(高校生以下無料)、申込不要
※ただし、12/6 14:00の回、12/26~1/4は休み
※毎月第4土曜日11:00~は、小学校及び特別支援学校小学部第5・6学年の児童と保護者の皆様を対象に、“親子ギャラリートーク”として実施します。
 

 
学芸員リレートーク

4人の学芸員が、各室の見どころをご紹介します。
日時:9月28日(日) 10:30~
講師:各担当学芸員
場所:2階展示室(1室~4室
※事前申込不要、要入館券
※90分程度を予定

 

美術講座「圓鍔勝三の彫刻」

日時:12月14日(日) 13:30~14:30
講師:担当学芸員
場所:地階講堂
※事前申込不要、無料、入館券不要
 

開催クレジット

主催:広島県立美術館、乃村工藝社・イズミテクノ美術館活性化共同事業体


報道関係の皆様へ

本展に広報・周知にご協力いただきますようお願いいたします。
広報用画像の依頼などは当館までお問い合わせください。




広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum
〒730-0014 広島市中区上幟町2-22  2-22 Kaminobori-cho, Naka-ku, Hiroshima 730-0014 Japan
Tel:(082)221-6246 Fax:(082)223-1444 E-mail:iroeuma2@gmail.com

開館時間

9:00-17:00(入館は閉館の30分前まで)
2016/10/31-2017/3/31までの金曜日は19:00まで開館。

休館日

月曜日、年末年始(12/26~1/1)
※特別展会期中・祝日・振替休日を除く。ただし、徳川名宝展、東山魁夷展は月曜日休館

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ