広島県立美術館

トップぺージ > 所蔵作品展 > 過去の所蔵作品展

  • 開催中の所蔵作品展
  • 今後の所蔵作品展
  • 過去の所蔵作品展
  • 館蔵品検索

所蔵作品展

平成25年度の所蔵作品展

イベント画像

大好きっ!― 学芸員が愛する作品たち

Love it! A favorite collection from the curators
2014年1月2日(木) ~2014年4月13日(日) 
展示室:彫刻展示スペース第1室第2室第3室第4室
日々、学芸員たちは作品に対して惜しみない愛情をそそいでいます。大切な人と話すように、またある時はわが子を抱き上げるように。本展では、当館の学芸員たちが特に愛する名品たちを選び、それらを中心に展覧します。

画像:《伊万里柿右衛門様式色絵馬》(部分)17世紀後半
詳細はこちら

イベント画像

紹介します。広島県立美術館の新しい仲間たち―平成24年度新収蔵作品を中心に

Let Us Introduce You Our New Company : Selected Works Focused on the New Collections of the 2012
2013年10月19日(土) ~2013年12月25日(水) 
展示室:彫刻展示スペース第1室第2室第3室
昨年度、新規に収蔵した曾我蕭白《伯顔図》、藤田嗣治《婦人像(リオ)》、鯉江良二《チェルノブイリシリーズ》他179点などを中心に展覧します。新しい仲間を得て魅力を増した当館コレクションをお楽しみください。

画像:曾我蕭白《伯顔図》1767年頃
詳細はこちら

イベント画像

美術館のこども部屋ver.1「ケンビの宝物。名作って何だろう?」

Children's Room in the Museum ver. 1: The treasure of KENBI. What is a Masterpiece?
2013年9月5日(木) ~2013年12月25日(水) 
展示室:第4室
有名な絵だから名作?なかなか見ることのできない作品だから素晴らしい?名作とは何なのでしょうか。美術館のこども部屋ver.1では、当館の「名作」を展示し、それらがなぜ名作なのか様々な鑑賞方法で考えます。

画像:寺田政明《二つの道》1954年
詳細はこちら

イベント画像

恋は宇宙的な活力である―夏目漱石とその時代に思いを馳せて 

Reminiscing Soseki Natsume and his age - Love is a cosmic vital force
2013年4月17日(水) ~2013年7月15日(月) 
展示室:彫刻展示スペース第1室第2室
「恋は宇宙的な活力である」は、夏目漱石の『吾が輩は猫である』に登場する言葉です。今回は漱石の美術世界展に寄せて、このフレーズに触発される作品群による展示を行ないます。

画像:十二代 三輪 休雪《続・卑弥呼の書 No.5》1992年
詳細はこちら

イベント画像

ひろしま菓子博2013応援企画 和菓子の色彩

26th National Confectionary Exhibition in Hiroshima Support Project for :“Colors of Japanese Sweets”
2013年4月17日(水) ~2013年7月7日(日) 
展示室:第3室第4室
「ひろしま菓子博2013」の開催に合わせ、「和菓子の色彩」とも称される日本画家・塩出英雄による美しい発色の作品を特集展示。また、お菓子や食べ物に関連する多彩な美術作品を紹介します。

画像:塩出英雄《双鳩》1936年
詳細はこちら




広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum
〒730-0014 広島市中区上幟町2-22  2-22 Kaminobori-cho, Naka-ku, Hiroshima 730-0014 Japan
Tel:(082)221-6246 Fax:(082)223-1444 E-mail:iroeuma2@gmail.com

開館時間

9:00-17:00(入場は閉館の30分前まで)
2017/10/23-2018/3/31までの金曜日は19:00まで開館。
2018/4/1-2018/10までの金曜日は20:00まで開館。

休館日

月曜日、年末年始(12/25~1/1)
※特別展会期中・祝日・振替休日を除く。

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ