広島県立美術館

トップぺージ > 特別展 > ポーラ美術館コレクション モネ、ルノワールからピカソまで
  • 開催中の特別展
  • 次回の特別展
  • 今後の特別展
  • 過去の特別展
  • 図録の販売

特別展

ポーラ美術館コレクション モネ、ルノワールからピカソまで

イベント画像

Masterpieces of the Pola Museum of Art : From Monet and Renoir to Picasso

2014年9月13日(土) ~2014年11月9日(日) 
ポーラ・コレクションの中でも、特に人気の高いモネ、ルノワールをはじめとする印象派から、セザンヌ、ファン・ゴッホ、ゴーガン、ピサロなどポスト印象派、さらにルドン、ローランサン、マティス、ブラック、ピカソなど20世紀巨匠の絵画まで、ポーラ美術館の誇る珠玉の名画72点をご紹介します。

画像:ピエール・オーギュスト・ルノワール 《レースの帽子の少女》 1891年、ポーラ美術館蔵

展覧会概要



2002年に箱根仙石原に開館したポーラ美術館は、印象派を中心とした西洋絵画と、黒田清輝ら日本の洋画や日本画、さらにアール・ヌーヴォーを中心としたガラス工芸、化粧道具、東洋陶磁など約9,500点にもおよぶ日本最大級のコレクションで知られています。本展では、ポーラ・コレクションの中でも、特に人気の高い、モネ、ルノワールをはじめとする印象派から、セザンヌ、ファン・ゴッホ、ゴーガン、ピサロなどのポスト印象派、さらにルドン、ローランサン、マティス、ブラック、ピカソなど20世紀の巨匠に至る、ポーラ美術館が誇る珠玉の名画72点をご紹介します
 

ポーラ美術館 イントロダクションムービー

ポーラ美術館公式HPはこちらから
ポーラ美術館公式HPより

 

 

出品作品


クロード・モネ 《睡蓮》 1907年
 


フィンセント・ファン・ゴッホ 《ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋》 1888年


ポール・セザンヌ 《砂糖壺、梨とテーブルクロス》 1893-1894年
※作品は全てポーラ美術館蔵



開催概要

会   期:9月13日(土)~11月9日(日) 会期中無休
開館時間:9:00~17:00
会   場:3階企画展示室

※金曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
※9月13日は午前10時開場

チケット情報

早割券
販売期間:7/1~7/19
一般 1,100円
※一般のみ販売
※広島県立美術館、中国新聞読者広報部、中国新聞販売所(取り寄せ)で販売

前売・当日券

前売販売期間:7/20~9月12日

  当  日 前売・団体
一   般 1,400円  1,200円
高・大学生 800円  600円
小・中学生 500円  300円

※ 団体は20名以上
※ 学生券をお求めの際は学生証のご提示をお願いします。
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額です。
※ 本券でHPAMコレクション展もご覧いただけます。

前売券委託販売先
名称 所在地 電話番号
エディオン広島本店(8階) 広島市中区紙屋町2-1-18 082-247-5111
福屋八丁堀店(7階) 広島市中区胡町6-26 082-246-6911
福屋広島駅前店(7階) 広島市南区松原町9-1 082-568-3942
天満屋広島アルパーク(3階) 広島市西区井口明神1-16-1 082-501-1745
ゆめタウン広島 広島市南区皆実町2-8-17 082-252-8000
ゆめマートサンモール 広島市中区紙屋町2-2-18 082-248-3222
ゆめタウン五日市店 広島市佐伯区五日市5-5-17 082-923-5123
ゆめタウン祇園 広島市安佐南区西原5-19-44 082-874-8111
ゆめタウン安古市 広島市安佐南区高取北1-6-11 082-872-1333
フジグラン広島 広島市中区宝町2-1 082-243-7111
㈱安芸美材 広島市中区鉄砲町1-18 082-221-9766
㈲ギャラリーヨコタ 広島市中区立町2-6 082-247-6536
㈱ブラック画材 広島市中区鉄砲町4-5 082-211-3322
ガレリア・レイノ㈱ 広島市中区大手町3-7-3 082-245-2305
㈲ピカソ画房 広島市中区堀川町4-7 082-241-3934
㈲絹谷額縁店 広島市中区紙屋町ビル1階 082-247-5516
生活協同組合ひろしま ※注文制 廿日市市大野原1-2-10 0829-50-0390
広島県立美術館友の会 広島市中区上幟町2-22 082-221-6246
(財)くれ勤労者福祉サービス
※会員のみ購入可能
呉市中通1-2-31 0823-25-3691
(有)トミタ画材 呉市中央6-2-16 0823-21-1820
呉市文化振興財団 呉市中央3-10-1 0823-25-7878
ゆめタウン呉 呉市宝町5-10 0823-23-9200
中国電力厚生指定店会 広島市中区小町4-33 082-241-0211
ゆめプラザ(広島県商工会連合会) 広島市中区本通8-28 082-544-1122
県民文化センター 広島市中区大手町1-5-3 082-245-2311
ゆめタウン黒瀬 東広島市黒瀬町楢原100-1 0823-82-5511
ゆめタウン東広島 東広島市西条土与丸1-5-7 082-423-1111
ゆめタウン学園店 東広島市西条下見6-2-32 082-423-1361
ゆめタウン江田島 江田島市大柿町飛渡瀬180 0823-57-7000
ゆめタウン蔵王 福山市南蔵王町5-9-18 084-943-4311
ゆめタウン松永 福山市柳津町1-5-7 084-934-8855
ゆめタウン南岩国 岩国市南岩国町1-20-30 0827-32-2111
フジグラン高陽 広島市安佐北区亀崎1丁目1-6 082-843-5111
フジグラン緑井 広島市安佐南区緑井1-5-2 082-831-8100
フジグランナタリー 廿日市市阿品3-1-1 0829-20-3311
啓文社ポートプラザ店 福山市入船町3-1-25天満屋ハピータウンポートプラザ店1階 084-971-1211
啓文社コア春日店 福山市春日町5-1-3 084-941-0909
啓文社コア福山西店 福山市高西町4-3-61 084-930-0901
啓文社コア神辺店 福山市神辺町川北1533 084-962-3939
啓文社西条店 東広島市西条土与丸1-5-7 ゆめタウン東広島店別館2階 082-423-1251
啓文社ゆめタウン呉店 広島県呉市宝町5-10 ゆめタウン呉 3階 0823-23-0017
啓文社イオン三原店 三原市城町2丁目13-1 イオン三原 2階 0848-64-7951
啓文社多治米店 福山市多治米町2-15-13 084-981-3288
啓文社瀬戸店 福山市瀬戸町山北300 サファ福山内 084-951-7088
啓文社廿日市店 広島県廿日市市佐方本町7-1 0829-31-0772
啓文社新浜店 尾道市新浜1丁目2-17 KISSROAD内 0848-24-1077
啓文社ハピータウン店 尾道市向島町5532-8 天満屋ハピータウン向島店2階 0848-44-7725
廣文館金座街本店 広島市中区本通1-11 082-249-1611
廣文館広島駅ビル店 広島市南区松原町2-37広島ステーションビルASSE5F 082-506-1002
フタバ図書アルティアルパーク北棟店 広島県広島市西区草津南4丁目7-1 2F 082-270-5730
フタバ図書TERA広島府中店 広島県安芸郡府中町大須2丁目1-1-3022 082-561-0770
フタバ図書MEGA中筋店 広島市安佐南区中筋4丁目11-7 082-830-0600
フタバ図書GIGA呉駅レクレ店 広島県呉市宝町2-50 0823-32-7830
フタバ図書GIGA祗園店 広島市安佐南区祗園3丁目2-1 イオンモール広島祗園2F 082-832-3890
フタバ図書GIGA本通店 広島市中区大手町1丁目8-20 082-504-7125
フタバ図書八丁堀店 広島市中区堀川町6-18 082-248-3888
フジグラン東広島 東広島市西条御薗宇4405 082-431-5611
フジグラン三原 三原市円一町1丁目1-7 0848-61-0011
フジグラン尾道 尾道市東尾道19-7 0848-47-8111
フジグラン安芸 安芸郡坂町北新地2丁目3-30 082-885-4611
フジグラン神辺 福山市神辺町大字道上字2丁目10-26 084-960-4111
フジグラン岩国 岩国市麻里布町2丁目9-8 0827-24-1111
お多福海苔 広島市中区上幟町8番37号 082-221-0283

※前売券は広島県立美術館、セブン・イレブン(セブンコード:031-532)、ローソン(Lコード:63038)、中国新聞社読者広報部、中国新聞各販売所(取り寄せ)などで販売。



関連イベント

講演会(広島県立美術館友の会共催)
演題:「モネからピカソ 色彩とかたちの展開」
日時:9月27日(土)13:30~15:00(開場30分前)
講師:岩﨑余帆子(ポーラ美術館学芸課長)
会場:地下講堂
定員:200名(先着順)※聴講無料
特別講演会(広島県立美術館友の会共催)
チラシダウンロードはこちらから
演題:「彫刻と印象主義」
日時:11月2日(日)13:30~(開場30分前)
講師:カトリーヌ・シュヴィヨ(ロダン美術館館長)
会場:地下講堂
定員:200名(先着順)※聴講無料
美術講座
演題:「近代ヨーロッパ絵画に見る日本」
日時:10月18日(土)13:30~14:30(開場30分前)
講師:石川哲子(当館主任学芸員)
会場:地下講堂
定員:200名(先着順)※聴講無料
ギャラリートーク

日時:
9月19日、9月26日、10月3日、10月10日、10月24日 11:00~
10月17日、10月31日、11月7日 18:00~
※いずれも金曜日
会場:3階企画展示室 担当学芸員
※入館券が必要です。直接会場にお集まりください。

ワークショップ「色と線-光にすかして」
透明フィルムに描いた絵を重ねて1枚の絵を制作します。
日時:10月11日(土)13:30~15:00
講師:松尾真由美(広島市立大学芸術学部講師)
会場:
地下講堂
対象者:小学校高学年以上
参加料:無料
定員:20名(要事前申込)
準備物:風景・人物・静物など自分の好きな写真(コピー可)をご持参ください。
お申込み方法:お電話にてお申込みください。
※ワークショップ名、参加者名(
保護者が付き添う場合は保護者名も)、年齢(子どものみ)、電話番号をお伺いします。
広島県立美術館 Tel:082-221-6246(9:00~17:00)
※当日は汚れても良い服装でおいでください。
協力:泉美術館
記念オペラコンサート「新たなる出逢い-画家・詩人・作曲家、そして作品」

日時:10月12日(日)14:00~15:00
出演:大城薫(ソプラノ)、柳清美(ソプラノ)、藤田卓也(テノール)、枝川泰子(ピアノ)
会場:1階ロビー
協力:ひろしまオペラ・音楽推進委員会
※申込不要、鑑賞無料

ウェブレポーター大募集 
日時:9月19日(金)17:00~19:30
受付場所:3階ロビー
場所:3階企画展示室
対象:ホームページ、ブログ、ツイッター、フェイスブックなどで本展のPRにご協力いただける一般の方
特典:実施時に限り、本展ご招待
映画「セラフィーヌの庭」
日時:11月3日(月・祝)13:00~、15:30~
会場:地下講堂
定員:各回200名
問合せ先:広島映画サークル協議会 (美野)090-6846-5051
※本展チケット(半券可)の提示で割引があります。
 

公式図録

「ポーラ美術館コレクション モネ、ルノワールからピカソまで」公式図録
価格:2300円(税込)
全148ページ(うちカラー図版、約70点収録)
※会場のみの販売。通信販売にはご対応できませんので、ご了承ください。

[収録テキスト]
ポーラ美術館の西洋絵画コレクションとモネ、ピカソ 岩﨑余帆子
「旅への誘い」と楽園の持続 木島俊介
印象派のたそがれ―モネ、シスレーの連作― 岩永亜季
画家たちが生きた時代―風景・女性像から― 平田智美
作家・作品解説
関連年表
関連地図
















音声ガイド

料金:520円
声:堀井美香(TBSアナウンサー)
所要時間:約40分


特別展メニュー

3階ティールーム「徒夢創家(トムソーヤ)」
特別展メニュー「秋のモンブランプレート」
 

芸術の秋、そして食欲の秋。好評だった夏のモンブランプレートの続編ということで、秋のモンブランプレートをご用意しました。モンブランクリームたっぷりの風味豊かなモンブラン。さらにアーモンドの香ばしい香とキャラメルの甘さがたまらない、アーモンドキャラメルアイスを添えました。プレート全体が秋一色。お二人でシェアしてもよし、お一人で存分に楽しむもよし!美術鑑賞のあとはぜひ、ティールームでその余韻をお楽しみください。

 
特別展メニュー「秋のモンブランプレート」
価格 700円(税込)
 
※1ドリンク付き コーヒー、紅茶

 
1階レストラン 「Zona ITALIA in Centro(ゾーナ イタリア イン・チェントロ)」

特別展メニュー
「クロード・モネへのオマッジオ 真鯛のヴァポーレ 《睡蓮》仕立て」 (9/13~9/28)

「パブロ・ピカソへのオマッジオ スペイン産イベリコ豚ベジョータのソテー パプリカの原色ソース」 (9/29~10/12)

数々の名画で知られるポーラ美術館。その中でも、高い人気を誇る画家たちの作品を展示する本展に合わせて、2週間ごとにかわる温かい前菜をご用意しました。まず、最初の2週間は、クロード・モネ《睡蓮》をイメージした一皿「クロード・モネへのオマッジオ 真鯛のヴァポーレ 《睡蓮》仕立て」です。瀬戸内産の真鯛には、モネの作品を思わせる鮮やかなソースをかけて―もちろん、目にも美味しい一皿ですが、あさりとパセリ、タイムのソースは香豊かに私たちを楽しませてくれます。さらに、翌週にはピカソの鮮烈な色彩を想起させる「パブロ・ピカソへのオマッジオ スペイン産イベリコ豚ベジョータのソテー パプリカの原色ソース」をご用意。ピカソの出身地でもあるスペイン産のイベリコ豚ベジョータと秋を感じさせるかぼちゃのコラボレーションによる一皿には、パプリカによる鮮やかなソースを添え、酸味のあるバルサミコソースが全体をさわやかにまとめています。

芸術の秋、食欲の秋―その2つを一度に満足させる美術館でのお食事を心ゆくまでお楽しみください。

※いずれもコース料理としてご注文が可能です。詳しい料金などは「ゾーナイタリア イン・チェントロ」にお問い合わせください。
※10/12以降のメニューについては「ゾーナイタリア イン・チェントロ」にお問い合わせください。

ランチセット…単品パスタ+972円で2,031円(税込み)~
パスタコース(ディナー)…単品パスタ+2,160円で3,219円(税込み)~

※いずれかのコースご注文で付いてきます。
※ディナーの場合には、メインのケーキを5種の中からお選びいただけます。
※内容は当日の仕入れ状況により変更なる場合がございます。


















 


 

追加情報!!10月13日からの新メニューが登場!
ピエール・ボナールへのオマッジォ 『ル・クロ』の果樹園 鶏肉とリンゴのカチャトーラ」(10/13~10/26)
オーヴェル=シュル=オワーズでのリコルディ うさぎのストゥファート」(10/27~11/9)

大好評の「ポーラ美術館コレクション モネ、ルノワールからピカソまで」特別展メニュー。10/13以降のメニューが新たに登場しました。3皿目となる料理は「ピエール・ボナールへのオマッジォ 『ル・クロ』の果樹園 鶏肉とリンゴのカチャトーラ」。ボナールの家族は、フランス南東部、グルノーブル近郊の村、ル・グラン=ランに果樹園「ル・クロ」のある邸宅をもっていました。本展で展示されている《山羊と遊ぶ子供たち》、《りんごつみ》に描かれているのも果樹園「ル・クロ」。自然豊かな緑の中でリンゴを収穫するこども達のかわいらしい姿が人気の作品です。このメニューでは、白ワイン、ビネガー、ジンジャエール、リンゴで鶏肉をソテーしたカチャトーラ(猟師風)に、リンゴの皮を甘くソテーしてアクセントとして散りばめています。リンゴのさわやかな酸味と鮮やかな色彩がボナールの絵画を思わせる一皿です。
本展特別展メニューのラストを飾るのはシェフ渾身の1皿「オーヴェル=シュル=オワーズでのリコルディ うさぎのストゥファート」。リコルディはイタリア語で思い出。オーヴェル=シュル=オワーズは、ドービニー、セザンヌ、コロー、ピサロ、そしてファン・ゴッホらが絵画の着想を得るために赴いた土地です。日本では、馴染みのない「うさぎ」ですが、オーヴェルを含めフランスではポピュラーな食材として昔から愛されています。このメニューでは、画家たちも食べたであろう「うさぎ」をローズマリー、タイムなどでマリネした後、網脂をまきソテーし、イタリア風にトマトソース、赤ワインと共にストゥファート(煮込み)としてご用意しました。食材、そして料理を通して、画家たちが愛したオーヴェル=シュル=オワーズに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

 













「ピエール・ボナールへのオマッジォ 『ル・クロ』の果樹園 鶏肉とリンゴのカチャトーラ」



「オーヴェル=シュル=オワーズでのリコルディ うさぎのストゥファート」

開催クレジット

主催
広島県立美術館、中国新聞社、中国放送、イズミテクノ、公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館

後援
広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz、エフエムふくやま、尾道エフエム放送、FMはつかいち76.1MHZ

特別協賛


協賛


企画制作
TBSテレビ

企画協力
テモアン

報道関係の皆様へ

広報・周知にご協力いただきますようお願いいたします。
広報用画像の依頼などは当館までお問い合わせください。



広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum
〒730-0014 広島市中区上幟町2-22  2-22 Kaminobori-cho, Naka-ku, Hiroshima 730-0014 Japan
Tel:(082)221-6246 Fax:(082)223-1444 E-mail:iroeuma2@gmail.com

開館時間

9:00-17:00(入館は閉館の30分前まで)
2016/10/31-2017/3/31までの金曜日は19:00まで開館。

休館日

月曜日、年末年始(12/26~1/1)
※特別展会期中・祝日・振替休日を除く。ただし、徳川名宝展、東山魁夷展は月曜日休館

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ