広島県立美術館

トップぺージ > 特別展 > スペイン・ リアリズム絵画の異才 磯江毅 ―広島への遺言―展
  • 開催中の特別展
  • 次回の特別展
  • 今後の特別展
  • 過去の特別展
  • 図録の販売

特別展

スペイン・ リアリズム絵画の異才 磯江毅 ―広島への遺言―展

イベント画像

A Master of Spanish Realistic Painting : Tsuyoshi Isoe - Collection Bequeathed to the Hiroshima

2015年3月25日(水) ~2015年5月24日(日) 
あるがままを理想化せず描写しようとするリアリズム絵画。その圧倒的な細密描写を、深い精神性と避けがたい死への洞察によって独自の画風へと昇華させた磯江毅(1954-2007)。
本展では、磯江の初期の作品から絶作まで、代表作約100点を一堂に集め、彼の芸術の軌跡をたどるとともに、その稀有な画業をご紹介します。

画像:磯江毅《新聞紙の上の裸婦》(部分) 1993-94年

展覧会概要



 19歳でスペインに渡った磯江毅(1954-2007)は、徹底した観察で細部まで深く描き込むことを特徴とするマドリード・リアリズムと呼ばれる潮流の中にあって、スペイン美術界で最も注目される一人となります。1996年から活動の場を日本にも広げ、2005年には広島市立大学芸術学部教授に就任して後進の育成に当たるなど、広島の美術界にも大きな足跡を残しながら、画業なかば53歳という若さで他界しました。
 マンチャというスペイン独特の深い陰影表現を学びつつ、中世に生まれた “ヴァニタス(人生の虚しさを表す寓意画)”に強く惹かれた磯江は、万物が逃れることのできない“死”という運命を「自らの問題」として描き続けました。そこから見いだされる独自の死生観と彼にしか成し得ない細密な描写は、凝縮された時間を感じさせ、観る人を深い思索へと誘います。
 この展覧会では、磯江の初期の作品から絶作まで、代表作約100点を一堂に集め、彼の芸術の軌跡をたどるとともに、その稀有な画業をご紹介します。

チラシダウンロードはこちらから(PDF:476KB)
出品目録のダウンロードはこちらから(PDF:136KB)

 

出品作品


















《新聞紙の上の裸婦》 1993-94年



















《薔薇と緑青Ⅱ》2003年



《マルメロ》2004-2005年



《鰯》2007年



《バニータスⅡ ―闘病―》2006-2007年

開催概要

会   期:3月25日(水)~5月24日(日) 会期中無休
開館時間:9:00~17:00
会   場:3階企画展示室

※金曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
※3月25日は10:00から

チケット情報

前売・当日券

 

当  日

前売・団体

一   般

1,200円

 1,000円

高・大学生

900円

 700円

小・中学生

600円

 400円


※ 団体は20名以上
※ 学生券をお求めの際は学生証のご提示をお願いします。
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額です。
※ 本券でHPAMコレクション展もご覧いただけます。

前売券委託販売先

前売券委託販売先一覧はこちらから(PDF:70.8KB)
上記一覧以外に広島県立美術館、セブン・イレブン(セブンコード:035-462)、ローソン(Lコード:66636)、チケットぴあ(Pコード:766-610)、中国新聞社読者広報部、中国新聞各販売所(取り寄せ)などで販売。ただし、展覧会会期中、当館およびコンビニエンスストア等(電子チケット)の取り扱いは当日券のみとなりますのでご了承ください。


関連イベント

講演会(広島県立美術館友の会共催)

日時:4月11日(土) 13:30~15:00 [受付開始/30分前]
演題:「磯江毅―スペイン・リアリズムを超えて―」
講師:木下 亮(昭和女子大学大学院生活機構研究科教授)
会場:地下講堂(定員/先着200名)
※聴講無料。事前申込不要。

ギャラリートーク
日時:毎週金曜日
11:00~(3月27日、4月3日、4月10日、4月17日、4月24日、5月1日、5月8日、5月15日、5月22日)
18:00~(3月27日、4月10日、4月24日、5月8日、5月22日)
場所:3階企画展示室
※当館学芸員が展覧会をご案内します。
※要入館券。展示室入口にお集まりください。
※各回とも30分程度
ウェブレポーター大募集

受付日時:3月27日(金) 17:00~19:30
受付場所:3階ロビー
対象:ホームページ、ブログ、ツイッター、フェイスブックなどで、
本展PRにご協力いただける一般の方。
※実施当日に限り、本展にご招待。

ロビーコンサート「秋友ともみフラメンコライブ」

日時:4月4日(土) 12:00~ [約40分]
出演:秋友ともみ(バイレ/踊り)、スペイン舞踏スタジオ「秋」-Aqui-メンバー(バイレ/踊り)、梶原龍(ギター)
会場:地下講堂(定員/先着140名)
※鑑賞無料。事前申込不要。

スペインフェア

19歳でスペインに渡り、その後30年間スペインで活躍した磯江毅にちなんで、関連企画スペインフェアを開催します。スペイン産の生ハム、オリーブオイルからスペインビール、ワインまで。会場では、実際に試食していただき、お気に入りの商品をお買い求めいただけます。展覧会とあわせて、スペインの味をぜひご堪能ください。

日時:4月25日(土)10:00~16:00頃
場所:当館エントランス
※メニューは都合による変更となる場合がございます。
※終了の時間は予定です。
※雨天の場合など、天候により中止となる場合がございます。
※開封後の飲食物の館内への持ち込みは、お断りしております。ご了承ください。

ワークショップ「ちょこっと磯江体験」

半日で磯江毅の用いてきた古典技法を体験できます。
日時:5月10日(日) 13:30~16:00(予定)
(受付は開始の30分前から)
会場:講堂
講師:森永昌司(広島市立大学准教授)、他
対象:小学生~一般
人数:25名(先着順)
参加料:500円(材料費込み)
申込方法:広島県立美術館までお電話にてお申し込みください。
※当日は汚れてもよい服装でお越しください。
※道具・画材等をご持参いただく必要はありません。ただし、鉛筆や擦筆など普段お使いのものあがあれば、ご持参ください。

スペインビールプレゼント!

プレゼントのお知らせです!!残すところあと2週間となった磯江毅展ですが作家が活躍したスペインへ思いを馳せて、残り会期中の下記の日時にスペインビールをプレゼントします!!なかなかカッコいいボトルで、見た目も味もスペイン気分が盛り上がります!この機会に是非磯江毅展へお越しください。

日時:5月15日(金) 、5月22日(金)  17:00~
場所:3階受付
対象:上記日時に磯江毅展ご入場のお客様(20歳以上の方)
人数:各日60名(先着)
プレゼント内容:マオウ・シンコ・エストレージャスレアル・マドリードC.F.特別限定アルミボトル
協力:株式会社キムラ

※館内でのご飲食はご遠慮ください。
※プレゼントはなくなり次第終了となります。ご了承ください。

※画像はイメージです。
 

公式図録












写実を超えて存在の本質を描く、磯江毅の決定版画集!
西洋絵画の伝統とスペイン・リアリズムの土壌から生まれ、写実を超えて存在の本質を描く画家、磯江毅(1954-2007)の決定版画集。初期作品から絶作、デッサンまで、初公開多数を含む197点収録。

画集タイトル:「深い眠り」
A4判変形 上製 280頁(カラー176頁)
ISBN:978-4-904702-52-9
出版社:羽鳥書店

価格:4,860円(税込)
※通信販売は終了しました。
※本展の公式図録は一般書籍として販売。
 

テーマ曲について

磯江毅展では、スペイン人ジャズピアニストホァン・オルティス氏(JUAN ORTIZ)によるテーマ曲をご用意しました。神戸のアトリエを訪問し、作曲の構想を進めたオリジナル曲です。あわせて、お楽しみください。


現在、放送中のお天気フィラー
 

特別展メニュー

1階レストラン 「Zona ITALIA in Centro(ゾーナ イタリア イン・チェントロ)」

特別展メニュー「イタリア料理の中のスペイン」

19歳でスペインにわたり、画家としての人生の大半をスペインで過ごした磯江毅。今回の特別メニューでは、磯江毅とゆかりの深いスペインをテーマにスペイン統治時代の影響を残すイタリア料理をランチセットとしてご用意しました。
前菜では、スペインのカタルーニャ地方の料理でありながら南イタリアの郷土料理として親しまれている「カタラーナ」、同じくカタルーニャ地方から伝わりイタリア全土で親しまれている「カポナータ」をご用意。ジェノバソースのトマト版である「スパゲッティ・マタロッコ」は、トマトソースに松の実とアーモンドの風味をプラスし、海に近い南イタリアらしくスカンピ(手長海老)を使用した爽やかな一品です。またドルチェには、カタルーニャ地方の洋菓子である「クレーマ・カタラーナ」が登場。セミフレッド=アイスクリームのような冷たさとケーキのような触感が楽しい一皿です。
中世おける様々な王国からの侵略により、多様な文化が入り混じるサルデーニャ地方、シチーリア地方。イタリアとスペイン―異なる国の中で息づくスペインを探してみてはいかがでしょうか。

特別展メニュー「イタリア料理の中のスペイン
ランチセット・・・単品パスタ+1,000円でご利用いただけます。
(セット2,059円~)
※詳しい内容、料金については「ゾーナイタリア イン・チェントロ」にお問い合わせください。











 





3階ティールーム「徒夢創家(トムソーヤ)」

特別展メニュー「カタラーナ Wソース添え」

スペインにゆかりの深い磯江毅展に合わせてご用意する特別メニューは、スペインのカタルーニャ地方発祥のデザート「カタラーナ」。牛乳と卵のシンプルな味わいは、まるでクレームブリュレを凍らせたような(一説には、クレームブリュレの起源とも言われている)上品な甘さが魅力です。今回は、ティールームでのスペシャルバージョンとして果肉たっぷりのベリーのソースとキャラメルソースをトッピング。1階レストランの「カタラーナ」と食べ比べてみるのも楽しいかもしれません。

特別展メニュー「カタラーナ Wソース添え

価格 600円(税込)
※1ドリンク付き コーヒー、紅茶






















 

開催クレジット

主催/広島県立美術館、広島ホームテレビ、中国新聞社
後援/中国放送、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz、エフエムふくやま、尾道エフエム放送、FMはつかいち76.1MHz、FM東広島89.7
協賛/
企画協力/彩鳳堂画廊
広島ホームテレビ開局45周年記念事業

報道関係の皆様へ

広報・周知にご協力いただきますようお願いいたします。
広報用画像の依頼などは当館までお問い合わせください。

プレスリリース第1弾[PDF:375KB](ダウンロードはこちらから)

プレスリリース第2弾[PDF:719KB](ダウンロードはこちらから)


広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum
〒730-0014 広島市中区上幟町2-22  2-22 Kaminobori-cho, Naka-ku, Hiroshima 730-0014 Japan
Tel:(082)221-6246 Fax:(082)223-1444 E-mail:iroeuma2@gmail.com

開館時間

9:00-17:00(入館は閉館の30分前まで)
2016/4/1-2016/10/30の金曜日は20:00まで開館。2016/10/31-2017/3/31の金曜日は19:00まで開館。

休館日

月曜日、年末年始(12/26~1/1)
※特別展会期中・祝日・振替休日を除く。ただし、徳川名宝展、東山魁夷展は月曜日休館

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ