広島県立美術館

トップぺージ > 特別展 > 広島・長崎 被爆70周年 戦争と平和展
  • 開催中の特別展
  • 次回の特別展
  • 今後の特別展
  • 過去の特別展
  • 図録の販売

特別展

広島・長崎 被爆70周年 戦争と平和展

イベント画像

The 70th Anniversary of the Atomic Bombings on Hiroshima and Nagasaki: War and Peace

2015年7月25日(土) ~2015年9月13日(日) 
被爆70周年を迎える2015年、広島・長崎の両県立美術館が協働し、両館のコレクションと国内の美術館・大学等の所蔵品を通じて、戦争の惨禍とその対極にある恒久平和への希求を照らし出す展覧会を開催します。戦争を大規模化・総力戦化し、近代戦争へと変容させた19世紀のナポレオン戦争を始まりとして、20世紀の2つの世界大戦を取り上げ、美術は戦争をどのように描いたのか、芸術家たちはいかなる立場から創造し、変容していったのか、そして、広島と長崎の悲劇と祈りはどのように表象され続けてきたか、その歩みを紹介します。

作品画像:須田国太郎 《学徒出陣壮行の図》 1944年 京都大学(通常非公開)






ちらしダウンロードはこちらから(PDF:1.24MB)

出品作品


石内都《ひろしま#69》2007年
テルモ株式会社蔵 Donor: Abe, H. (C)Ishiuchi Miyako


浜田知明《初年兵哀歌(歩哨)》1954年
姫路市立美術館蔵


東松照明 《上野町から掘り出された腕時計 長崎国際文化会館・平野町》
1961年 長崎県美術館蔵
(C)Shomei Tomatsu-Interface


テオドール・ジェリコー《突撃するナポレオン軍の将軍》1810年頃
東京富士美術館蔵
(C)東京富士美術館イメージアーカイブ/DNPartcom


福井芳郎《ヒロシマ原爆(産業奨励館1947)》1948年
広島平和記念資料館蔵


ケーテ・コルヴィッツ《女を膝に抱く死》1921年
愛知県美術館蔵

開催概要

会期:7月25日(土)~9月13日(日)
開館時間:9:00~17:00
会場:2階展示室

※金曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
※7月25日は10:00開場

 

チケット情報

前売・当日券

 

当  日

前売・団体

一   般

800円

 600円

高・大学生

400円

 300円

※ 中学生以下無料
※ 団体は20名以上
※ 学生券をお求めの際は学生証のご提示をお願いします。
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額です。
※ 本券でHPAMコレクション展もご覧いただけます。

前売券委託販売先

前売券委託販売先一覧はこちらから(PDF:120KB)
上記一覧以外に広島県立美術館、中国新聞社読者広報部、中国新聞各販売所(取り寄せ)などで販売。ただし、展覧会会期中、当館の取り扱いは当日券のみとなりますのでご了承ください。

関連イベント

被爆手記朗読劇「夏の雲は忘れない」

7月25日(土)15:00~16:15 ※30分前から受付開始
会場:地下講堂 
公演:夏の会(主演:高田敏江/長内美那子/中村たつ/岩本多代/寺田路恵/渡辺美佐子)
※無料、事前申込不要(定員200名)

記念講演会「描かれた戦争:ナポレオン時代を中心として」

7月26日(日) 13:30~15:00 ※30分前から受付開始
会場:地下講堂 
講師:千足伸之(広島県立美術館長)
※無料、事前申込不要(定員200名)

シンポジウム「戦争画と『原爆の図』をめぐって―その政治性と芸術性の問題―」
8月1日(土)14:30~16:30 ※30分前から受付開始
会場:地下講堂 
講師:平瀬礼太(美術史家)、岡村幸宣(原爆の図丸木美術館学芸員)、大井健地(広島市立大学名誉教授)、西原大輔(広島大学大学院教授)
司会:谷藤史彦(ふくやま美術館学芸課長)
共催:広島芸術学会
※無料、事前申込不要(定員200名)
記念講演会「〈戦争の世紀〉と葛藤する美術―二つの世界大戦とその狭間で」
8月2日(日)13:30~15:00 ※30分前から受付開始
会場:地下講堂 
講師:河本真理(本展学術協力者、日本女子大学教授)
※無料、事前申込不要(定員200名)
特別セミナー「戦時中のファッションを考える」

8月16日(日)13:30~15:00 ※30分前から受付開始
会場:地下講堂 
講師:津島由里子(安田女子大学非常勤講師)
協力:石田あさきトータルファッション専門学校
※無料、事前申込不要(定員200名)

シンポジウム「〈現代〉戦争の表象―絵画/写真/文学が交差する戦場」

8月23日(日)13:30~16:30 ※30分前から受付開始
会場:地下講堂 
講師:河本真理(本展学術協力者、日本女子大学教授)、飛嶋隆信(東京農工大学大学院准教授)、久保昭博(関西学院大学准教授)、山下寿水(本展担当学芸員)
※無料、事前申込不要(定員200名)

美術講座「国内外の展覧会から見る美術と戦争」

9月5日(土)13:30~14:30 ※30分前から受付開始
会場:地下講堂 
講師:山下寿水(本展担当学芸員)
※無料、事前申込不要(定員200名)

キッズゲルニカ・ワークショップ

平和への想いを伝える大きな絵画をみんなで作ります。
8月10日(月)10:00~16:00
会場:地下講堂
講師:加藤宇章(アトリエぱお代表)
共催:広島芸術学会
対象:中学生以下
参加料:無料
定員:先着35名
お申込み方法:参加希望者は事前に当館(082-221-6246)へ電話予約をお願いします。
※昼食は各自でお取りください。(館内でのご飲食はご遠慮ください。)

被爆体験継承講話「平和の語り部」

8月7日(金)、8月21日(金)、9月4日(金) 各日11:00~
会場:1階ロビー
講師:被爆を語り継ぐ会
※無料、事前申込不要

ギャラリートーク

担当学芸員が展示室内で作品解説をします。
7月31日(金)、 8月14日(金)、 8月28日(金)、 9月11日(金) 各日11:00~
会場:2階展示室 
※事前申込不要、入館券が必要です。直接、会場入口にお集まりください。

ウェブ・レポーター大募集

インターネットを通じ、本展の感想を情報発信していただきます。
7月31日(金)17:00~19:30
会場:2階展示室 ※受付は2階ロビー
対象:ホームページ、ブログ、ツイッター、フェイスブックなどで情報配信されている一般の方
※事前申込不要
※実施当日に限り、本展へご招待

公式図録

日本語版
全213ページ(うちカラー図版、約169点収録)
 
収録論文
「描かれた戦争―ナポレオン時代を中心として」 千足伸行(広島県立美術館 館長)
「<戦争の世紀>と葛藤する美術―二つの世界大戦とその狭間で」 河本真理(日本女子大学教授)
「広島・長崎における希望の表象―生き残るイメージ」 山下寿水(広島県立美術館 学芸員)
 
価格:1,800円(税込)
 
英語版
全18ページ
価格:500円(税込)


特別展応援!夏メニュー

1階レストラン 「Zona ITALIA in Centro(ゾーナ イタリア イン・チェントロ)」

特別展応援!夏メニュー「活オマール海老のトマトソーススパゲティ」

当館でこの夏開催する2つの特別展に合わせて、当館1階のレストラン「Zona ITALIA in Centro」では夏限定の特別メニュー活オマール海老のトマトソーススパゲティ」をご用意しました!厨房内の水槽にいるオマール海老を注文を受けてから調理するパスタは、新鮮なオマール海老ならではのプリプリの食感と香りをお楽しみいただけるまさにスペシャルな一皿。シンプルなトマトソースがオマール海老の風味をより引き立てます。夏限定(8/31まで)、ランチでは特別価格でご提供します。レストランにはこのほかにも、オマール海老を使ったメニューが盛りだくさん。展覧会をお楽しみの後は、とっても贅沢な一皿とともに素敵な時間をお過ごしいただければ幸いです。

特別展応援!夏メニュー「活オマール海老のトマトソーススパゲティ」(8/31まで)

価格 2,800円(単品、税込)
※プラス料金でランチセットとしてもお楽しみいただけます。
※ディナーでの価格など詳しい内容、料金については「ゾーナイタリア イン・チェントロ」にお問い合わせください。



 

3階ティールーム「徒夢創家(トムソーヤ)」

特別展応援!夏メニュー「かき氷~宇治時雨・いちご時雨・れもん時雨」

当館でこの夏開催する2つの特別展に合わせて、夏限定の特別メニューをご用意しました。当館3階のティールーム「徒夢創家」では、夏の決定版ちょっとスペシャルな「かき氷」が登場です。まろやかな抹茶の甘みを引き出した「宇治時雨」、暑い夏にぴったりのさわやか代表「レモン時雨」、そして見ためもとっても可愛いこれぞかき氷「いちご時雨」の三種類からお選びいただけます。さらに、かき氷の上には、大粒のみかん、バニラアイス、白玉、チェリー、さらに練乳までプラス。展覧会のあとはこれで決まりです!
※なお、2階HPAMコレクション展をご鑑賞の方は特別料金にてお楽しみいただけます。(通常料金から100円引き)HPAMコレクション展入り口にて特別割引券をお受け取りください。

特別展メニュー「かき氷~宇治時雨・いちご時雨・れもん時雨

価格 600円(税込)

 

開催クレジット

主催:広島・長崎県美術館平和発信事業実行委員会(広島県立美術館、長崎県美術館、広島平和記念資料館、長崎原爆資料館、広島県原爆被害者団体協議会・被爆を語り継ぐ会、長崎原爆被災者協議会・被爆を語り継ぐ会、広島芸術学会、ひろしま文化振興財団)、中国新聞社

後援:NHK広島放送局、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz、エフエムふくやま、尾道エフエム放送、エフエムはつかいち76.1MHz、FM東広島89.7MHz

協力:公益社団法人 日本写真家協会

 平成27年度 文化庁 地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業

報道関係の皆様へ

広報・周知にご協力いただきますようお願いいたします。
広報用画像の依頼などは当館までお問い合わせください。

プレスリリース第1弾[PDF:1.16MB](ダウンロードはこちらから)

プレスリリース第2弾[PDF:1.36MB](ダウンロードはこちらから)


広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum
〒730-0014 広島市中区上幟町2-22  2-22 Kaminobori-cho, Naka-ku, Hiroshima 730-0014 Japan
Tel:(082)221-6246 Fax:(082)223-1444 E-mail:iroeuma2@gmail.com

開館時間

9:00-17:00(入館は閉館の30分前まで)
2016/4/1-2016/10/30の金曜日は20:00まで開館。2016/10/31-2017/3/31の金曜日は19:00まで開館。

休館日

月曜日、年末年始(12/26~1/1)
※特別展会期中・祝日・振替休日を除く。ただし、徳川名宝展、東山魁夷展は月曜日休館

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ