広島県立美術館

トップぺージ > 特別展 > 京都市美術館名品展 うるわしの京都 あこがれの美
  • 開催中の特別展
  • 次回の特別展
  • 今後の特別展
  • 過去の特別展
  • 図録の販売

特別展

京都市美術館名品展 うるわしの京都 あこがれの美

イベント画像

Masterpieces of the Kyoto Municipal Museum of Art  The Allure of Kyoto, the Longing for Beauty

2015年10月31日(土) ~2015年12月23日(水) 
京都市美術館は、1928(昭和3)年に京都で挙行された天皇即位の大典を契機に、1933(昭和8)年に大礼記念京都美術館の名称で開設され、1952(昭和27)年に現在の名称となりました。同館は近現代美術の鑑賞と発表のための西日本最大の舞台のひとつとして、戦後日本文化の中で大きな役割を果たしてきました。同時に、明治以降の京都を中心とした多くの美術・工芸品を着実に収集し、今やそのコレクションは日本近代美術の流れを物語るものとなっています。
今回の展覧会では京都市美術館所蔵の日本画作品から精選した、上村松園《人生の花》、土田麦僊《平牀》、前田青邨《観画》、菊池契月《散策》など72点の名品を通して、明治・大正・昭和にいたる女性像のさまざまな表現と変遷を紹介します。

作品画像:菊池契月 《散策》 昭和9年 第15回帝展




チラシダウンロードはこちらから(PDF:2.83MB)

出品目録(日本語)ダウンロードはこちらから(PDF:194KB)
出品目録(英語)ダウンロードはこちらから(PDF:68.7KB)

出品作品



西山翠嶂《槿花》 大正12年 絹本着色 日本美術展覧会



上村松園《人生の花》 明治32年 絹本着色



丹羽阿樹子《遠矢》 昭和10年 絹本着色 第1回市展




由里本景子《望遠鏡》 昭和15年 絹本着色 第3回市展




大日躬世子《舞扇》 昭和41年 紙本着色 第9回新日展(特選)




土田麦僊《平牀》 昭和8年 絹本着色 第14回帝展

開催概要

会期:10月31日(土)~12月23日(水・祝)
開館時間:9:00~17:00
会場:3階企画展示室
※金曜日は19:00まで開館
※入場は閉館の30分前まで
※10月31日は10:00開場

チケット情報

前売・当日券

 

当  日

前売・団体

一   般

1,100円

 900円

高・大学生

700

 500円

小・中学生

400円

 200円


※ 団体は20名以上
※ 学生券をお求めの際は学生証のご提示をお願いします。
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額です。
※ 本券でHPAMコレクション展もご覧いただけます。
※ 本券で縮景園へもご入園いただけます。

前売券委託販売先

前売券委託販売先一覧はこちらから(PDF:120KB)

上記一覧以外に広島県立美術館、セブン-イレブン(セブンチケット http://7ticket.jp)、中国新聞社読者広報部、中国新聞各販売所(取り寄せ)などで販売。ただし、展覧会会期中、当館およびセブン-イレブン、ローソンの取り扱いは当日券のみとなりますのでご了承ください。

関連イベント

記念講演会「美人画というジャンルの使命とは」

日時:10月31日(土)13:30~15:00
場所:地階講堂(定員200名)
講師:尾﨑眞人(京都市美術館学芸課長)
※聴講無料。事前申込は不要です。
※受付は13:00から

ギャラリートーク

日時:11月6日、20日、12月4日、18日(金)11:00~
11月6日、12月11日(金)17:00~
場所:3階企画展示室
講師:本展担当学芸員
※入館券が必要です。申込不要。
ワークショップ「カード織りで紐作りを体験しよう!」(広島県立美術館友の会共催)
広島市立大学大学院生(染織造形)の指導のもと、色糸を通したカードを回転させながら楽しい模様の紐やベルトを織ります。織りあがった作品とカードは持ち帰れます。

日時:11月7日(土)10:00~16:00頃(12:00~13:00昼休)
場所:3階ロビー
講師:久保田寛子、佐藤衣里、平濵あかり(広島市立大学芸術学部ティーチング・アシスタント)
対象:小学生程度~大人
定員:20名
参加費:500円
※要事前申込、先着順。(広島県立美術館までお電話にてお申し込みください。)
※当日、参加者はベルトと定規(15センチ程度)をお持ちください。
※昼食は各自(館内での飲食はご遠慮ください)。

ワークショップ「はんなり和色吹寄せ(わいろふきよせ)」

色サンプルを手に、展示作品の中に日本の伝統色を探します。絵の具を混色しながら、和色のひし型カードを作りましょう。最後に和色カードを並べて色の組み合わせや作れる模様を楽しみます。
日時:12月12日(土)13:30~15:30頃
場所:地階講堂
講師:松尾真由美(広島市立大学芸術学部講師)
対象:小学生以上
定員:20名
参加費:無料
※要事前申込、先着順。(広島県立美術館までお電話にてお申し込みください。)
※協力:泉美術館

ウェブレポーター大募集

日時:11月6日(金)17:00~18:30
受付場所:3階ロビー 実施場所:3階企画展示室
対象:インターネットを通じて本展PRにご協力いただける一般の方。
※実施当日に限って本展にご招待します。

ロビーコンサート「たおやかな麗人“柳原白蓮”の短歌を歌う」

日時:10月31日(土)12:00~
出演者:二野宮賀子(ソプラノ)、福政歩(ピアノ)
会場:1階ロビー
※申込不要。鑑賞無料

アートと私の美味しい時間「ノヴェッロと京野菜で楽しむイタリアン」

担当学芸員のギャラリートークによる「京都市美術館名品展」鑑賞のあと10月30日に解禁となるイタリアワイン「ノヴェッロ」で特別展にちなんだ京野菜を使ったイタリア料理をお楽しみいただくアートとイタリアンとワインのイベントです!
チラシダウンロードはこちらから(PDF:1.60MB)
日時:11月6日(金)
16:30~17:00受付(1階ロビー特設受付)
17:00~17:40頃 担当学芸員によるギャラリートーク(3階企画展示室)
17:40~18:20迄 フリー鑑賞(3階企画展示室)
18:30~20:45頃 レストランでワインディナー(1階ゾーナ イタリア イン・チェントロ)

会場:ゾーナ イタリア イン・チェントロ、3階企画展示室
受付:1階ロビー
料金:5,800円(税込)
内容:本展入館券+ワイン3杯(ノヴェッロ含む)+ディナー
定員:50名(先着順)
申込方法:お名前、電話番号、人数をお知らせください。(申込先:広島県立美術館 TEL 082-221-6246)
※人数により相席をお願いすることがございます。

同時開催(2階HPAMコレクション展)これを見ないと帰れない!
京都市美術館名品展のチケットでご覧いただけます。

京都市美術館名品展開催記念展示 美の競演 ―京都の美へのオマージュ
9月20日(日)ー1月6日(水)
新しい仲間たちを紹介!―平成26年度に収集した作品を中心に
9月30日(水)ー1月6日(水)

特別展メニュー

レストラン「Zona ITALIA in Centro(ゾーナ イタリア イン・チェントロ)」

京都市美術館名品展特別メニュー「旬の京野菜パスタ&ドルチェ」
今、流行のブランド野菜の中でも人気の高い京野菜。今回は、京都市美術館から名品たちが広島にやってくる!ということで、旬の京野菜を使ったパスタを2種とドルチェをご用意しました。
「鶉の燻製と聖護院蕪、菊菜のスパゲティ」では、レストラン内で燻製した香りのよい鶉に京野菜としてポピュラーな聖護院蕪をあわせました。聖護院蕪のピューレでできたソースと歯ごたえのある旬のジビエ・鶉の相性は抜群です。
「河豚とあさり、九条ネギのスパゲッティ」も旬の河豚と京野菜である九条ネギが出会う一皿。熱を加えることで甘みを引き出した九条ネギと河豚、そしてアサリのスープがさっぱりとしつつも、深いコクを生み出しています。
また、ランチセットをご注文のお客様には壬生菜、水菜、海老芋チップスなど旬の京野菜を織り交ぜたサラダもお楽しみいただけます。
そして、カフェタイムセットでは選べるドルチェとして「鹿ケ谷かぼちゃのモンブラン」をご用意しました。鹿ケ谷かぼちゃは、ひょうたん型のフォルムが珍しい京野菜。江戸時代にとある農夫が旅先の津軽から持ち帰ったかぼちゃの種を現在の京都市左京区鹿ヶ谷の農家に渡し、栽培がはじまったと言われています。かぼちゃの素朴な甘みを生かした繊細なデザートです。視覚で京都を楽しんだ後は、味覚で京都を堪能してみてはいかがでしょうか。
 
京都市美術館名品展特別メニュー
「旬の京野菜パスタ&ドルチェ」

鶉の燻製と聖護院蕪、菊菜のスパゲティ 1,880円(単品・税込)
河豚とあさり、九条ネギのスパゲッティ 1,680円(単品・税込)
カフェタイムセット 1,200円(税込み)
※いずれのパスタもプラス料金でランチセットとしてもお楽しみいただけます。
※カフェタイムセットではお好きなケーキをお選びいただけます。1ドリンク付。
※メニューは当日の仕入れ状況により異なります。
※詳しい内容などは「ゾーナイタリア イン・チェントロ」にお問い合わせください。

 
鶉の燻製と聖護院蕪、菊菜のスパゲティ

 
河豚とあさり、九条ネギのスパゲッティ


カフェタイムセット」

ティールーム「徒夢創家(トムソーヤ)」

特別展メニュー「丸宗宇治抹茶と豆乳のチーズケーキセット」
昨年の日本伝統工芸展で大人気だった特別メニュー「丸宗宇治抹茶と豆乳のチーズケーキセット」が京都市美術館名品展特別メニューとして再び登場!江戸時代後期(天明元年、1781年)創業、200年余りつづく京都の老舗・宇治茶専門店「丸宗」の宇治抹茶を使用した贅沢な一品です。濃厚な抹茶の味わいとさっぱりとした豆乳の味わいが絶妙!京都市美術館名品展をお楽しみのあとは、京都ゆかりのデザートをご堪能あれ。
 
京都市美術館名品展特別メニュー
「丸宗宇治抹茶と豆乳のチーズケーキセット」

価格 600円(税込)
※1ドリンク付き コーヒー、紅茶


関連書籍

『京の美人画 100年の系譜』

普遍的女性像から自立したモダンな女性まで、描かれる女性の姿も社会の変容とともに多様化していきました。本書は、深い伝統に根差した京都画壇の画家を中心に、美人画の誕生とその変遷を歴史的背景とともに解説した、見て読んで満喫の一書です。
(本展の公式図録ではありません。一部、展覧会と本書籍の内容は異なります。)
本書籍に関する詳細はこちらから

  

収録作家

竹内栖鳳、上村松園、土田麦僊、橋本関雪、梶原緋佐子、甲斐庄楠音、菊池契月、秋野不矩、堂本印象、前田青邨、広田多津 ほか

詳細

価格:3,024円(税込)
判型:B5判
総頁:240頁
ISBN978-4-86152-509-4 C0071

通信販売について

・お申し込み方法
必ず現金書留にてお送り下さい。

・あて先
〒730-0014広島県広島市中区上幟町2-22
「広島県立美術館 図録係」宛て

・同封して頂くもの
書籍代
送料及び梱包手数料 560円(1~2冊まで)
必要事項(書籍名、冊数、お客様のお名前、ご住所、お電話番号)
※おつり・不足がないようご注意ください。
※差額が発生する場合はお受けできない場合がありますので、必ずご確認ください。
※2冊以上お買い求めの場合は、送料及び梱包手数料が異なります。当館までお問い合わせください。

音声ガイド

価格:600円(税込)
内容:所要時間30分程度、20作品程度解説
ナレーター:中村修三


開催クレジット

主催 広島県立美術館、イズミテクノ、中国新聞社
後援 中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz、エフエムふくやま、尾道エフエム放送、FMはつかいち76.1MHz、FM東広島89.7
協賛 、乃村工藝社
特別協力 京都市美術館 

報道関係の皆様へ

広報・周知にご協力いただきますようお願いいたします。
広報用画像の依頼などは当館までお問い合わせください。

プレスリリース第1弾[PDF:694KB](ダウンロードはこちらから)
プレスリリース第2弾[PDF:965KB](ダウンロードはこちらから)



広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum
〒730-0014 広島市中区上幟町2-22  2-22 Kaminobori-cho, Naka-ku, Hiroshima 730-0014 Japan
Tel:(082)221-6246 Fax:(082)223-1444 E-mail:iroeuma2@gmail.com

開館時間

9:00-17:00(入館は閉館の30分前まで)
2016/4/1-2016/10/30の金曜日は20:00まで開館。2016/10/31-2017/3/31の金曜日は19:00まで開館。

休館日

月曜日、年末年始(12/26~1/1)
※特別展会期中・祝日・振替休日を除く。ただし、徳川名宝展、東山魁夷展は月曜日休館

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ