広島県立美術館

トップぺージ > 特別展 > 第62回日本伝統工芸展
  • 開催中の特別展
  • 次回の特別展
  • 今後の特別展
  • 過去の特別展
  • 図録の販売

特別展

第62回日本伝統工芸展

イベント画像

The 62nd Japan Traditional Kogei -Art Crafts- Exhibition

2016年2月24日(水) ~2016年3月13日(日) 
世界に誇る日本の工芸。人間国宝から新進気鋭の若手まで、現代日本を代表する作家の作品323点を展覧します。

作品画像:井戸川 豊《銀泥彩磁鉢》 高松宮記念賞


日本伝統工芸展は、日本の風土の中から生まれた世界に誇る工芸技術を、発展継承させることを目的に、昭和29年に創設されました。以来、その伝統をよく理解しながら一層技を磨いて、今日の生活に即した新しいものを築き上げることを目標としています。第62回となる本展の広島展では、人間国宝(重要無形文化財保持者)から新進気鋭の若手まで、陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の7部門にわたり、日本を代表する作家の作品323点を展示します。なお、広島県からは14名の作家の作品が入選しています。

チラシダウンロードはこちらから(PDF:1.09MB)

出品作品


銀泥彩磁鉢 井戸川 豊 高松宮記念賞



乾漆線文合子 水口 咲 朝日新聞社賞


緑釉花器 鈴木 徹 NHK会長賞


桐塑彩色「目覚めの刻」 井上楊彩 日本工芸会会長賞


硝子切子花器「清溢」 氣賀澤雅人 日本工芸会奨励賞


欅拭漆盛器「瀬」 本間 潔 日本工芸会奨励賞

琉球紅入藍型着物「むるぶし浜」 城間栄市 日本工芸会新人賞


編込接合器「ひびき」 家出隆浩 文部科学大臣賞

開催概要

会期:2月24日(水)~3月13日(日) 会期中無休
開館時間:9:00~17:00
会場:3階企画展示室
※金曜日は19:00まで開館
※入場は閉館の30分前まで
※2月24日は10:00開場

チケット情報

前売・当日券

 

当  日

前売・団体

一   般

700円

 500円

高・大学生

400円

 200円


※ 団体は20名以上
※ 学生券をお求めの際は学生証のご提示をお願いします。
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額です。1階受付で手帳をご提示ください。
※ 本券でHPAMコレクション展もご覧いただけます。

前売券委託販売先

前売券委託販売先一覧はこちらから(PDF:120KB)

上記一覧以外に広島県立美術館でも販売しております。ただし、展覧会会期中、当館の取り扱いは当日券のみとなりますのでご了承ください。

関連イベント

第62回展記念講演会&作品解説会(広島県立美術館友の会共催)

絣と言えば木綿に藍染の紺絣。郷愁を感じさせる暖かな織物です。鳥取県の倉吉絣もその一つで、複雑で絵画的な意匠を精巧に織り出すところに特色があります。講師は原初的な手技による糸紡ぎ、手括り、藍建、手織にこだわり、倉吉絣の伝統の上に創作活動を進めておられます。作家であると同時に絣文化の研究者(研究者としては福井貞子氏として活動)でもあり、倉吉絣資料館を開設し、数多くの著作を上梓されてきました。倉吉絣を始めとする藍染木綿絣の伝統と魅力、そこから生み出される講師の作品世界についてお話しいただきます。 
講演に引き続き、展覧会場にて染織部門の作品解説をしていただきます。作品解説に参加する場合は、入館券が必要です。

日時:2月28日(日)10:30~12:00(開場10:00)
講師:福井 禎(染織(倉吉絣)作家、日本工芸会正会員、鳥取県無形文化財保持者)
テーマ:「藍染木綿絣/倉吉絣の魅力~その伝統と創作~」
場所:地階講堂
※聴講無料、定員200名(当日先着順。講演に続き、展覧会場にて作品解説会を予定しています。作品解説会に参加する場合は入館券が必要です。)

ギャラリートーク

―県内及び近県在住の日本工芸会正会員(出品作家)による分野別作品解説会―
日時・講師(分野)
2月27日(土)11:00~部谷きよみ(人形) 13:30~松岡裕治(木工)
2月28日(日)13:30~井戸川 豊(陶芸)
3月5日(土)11:00~田代昭夫(漆芸)
3月6日(日)11:00~粟根仁志(七宝) 13:30~小林良巳(陶芸)
3月12日(土)11:00~菅坂安子(七宝) 13:30~佐故龍平(金工)
3月13日(日)11:00~金城一国斎(漆芸) 13:30~今田拓志(陶芸)
―担当学芸員による展示全般に関する見所解説―
2月26日(金)11:00~
3月4日(金)11:00~、3月11日(金)11:00~
所要時間:約40分
場所:3階企画展示室
※入館券が必要です。申込不要。

ワークショップ

「みんなでけん玉を楽しみ、木工芸の伝統を学ぼう!」
広島県廿日市市はけん玉発祥の地。このワークショップでは正しいけん玉の技術指導を行うとともに、けん玉(ロクロ細工による木製玩具)をきっかけに宮島ロクロ細工など日本の優れた木工芸の伝統を学びます。
日時:3月5日(土)13:30~15:30(受付開始13:00)
講師:今田弘武(公益社団法人日本けん玉協会西中国地区総支部長)
場所:地階講堂
参加料:無料
定員:100名(当日先着順。子ども達から大人の方まで)

日本酒イベント「アートと私の美味しい時間」

イタリア料理と日本酒をいただきながら、ゲストによる伝統工芸とお酒をめぐる対談を伺います。これに先立ち、担当学芸員の解説による伝統工芸展の鑑賞を行います。
日時/場所:2月26日(金)
[特別鑑賞会]17:00~17:40/3階企画展示室
[トークショー]18:30~20:45頃/1階ゾーナイタリア イン・チェントロ
ゲスト:金城一国斎(本展出品作家(漆芸)、日本工芸会正会員、広島県無形文化財保持者)
坂田賀昭(美和桜酒造有限会社社長)
参加料:5,000円(税込み)
定員:50名(事前申込が必要です。)
申込方法:お電話により、お名前、電話番号、参加人数などをお知らせください。先着順で受付け、定員になり次第締め切ります。(申込電話番号:広島県立美術館082-221-6246)

ウェブレポーター

本展のレポートをインターネットを通じて(HP、ブログ、ツイッター、フェイスブックなど)発信していただきます。
日時:2月26日(金)17:00~18:30
受付:3階ロビー
場所:3階企画展示室(参加者は入館無料)

各行事の所要時間は概ねの目安です。都合により行事内容に変更が生じる場合があります。

公式図録

第62回日本伝統工芸展公式図録
価格 2,160円(税込み)
※なお通信販売はしておりませんのでご了承ください。

特別メニュー

3階ティールーム 徒夢創家(トムソーヤ)

日本伝統工芸展特別メニュー「でっかいお餅のぜんざいセット」
日本で古くから親しまれてきた「ぜんざい」。地方によっても様々なぜんざいがありますが、今回ティールームでご提供するのは小豆の形がしっかり残った食べ応えのあるぜんざいです。あわせるお餅は注文ごとに焼き上げるため香ばしく、小豆との相性もぴったり。ボリュームたっぷりですが、甘さ控えめなのでペロッと食べられてしまいます。日本伝統工芸展の期間中の限定メニューですので、ぜひ一度ご賞味ください。

「ぜんざいセット」
価格 550円(税込)
※日本茶付き


 

1階レストラン Zona ITALIA in Centro(ゾーナ イタリア イン・チェントロ)

特別メニュー「特集!イタリア郷土料理ランチセット」
日本伝統工芸展の特別メニューとして恒例となりつつある「特集!イタリア郷土料理ランチセット」。まだまだあります!イタリアの郷土料理ということで日本伝統工芸展の期間限定メニューをご用意しました。今回は、お客様からの熱いリクエストにお応えして、通常メニューにはないリゾットなど新メニューをご用意。日本伝統工芸展で日本伝統の美をお楽しみいただいた後は、レストランにてイタリア伝統の味をご堪能ください。

特別展メニュー「特集!イタリア郷土料理ランチセット」
単品パスタまたはリゾット+945円でランチセットとしてご注文いただけます。
※詳しい内容、料金については「ゾーナイタリア イン・チェントロ」にお問い合わせください。

[前菜]
アランチーニ (単品 280円) ※1つから注文できます。
シチリア・ナポリの名物!ライスコロッケです。その形がオレンジに似ていることからアランチーニ(小さなオレンジ)と呼ばれています。今回は、サフランリゾットで自家製モッツァレラを包み込みました。チーズとろける熱々を召し上がれ!

[パスタ・リゾット]
スパゲッティ・アッラ・ノルマ (単品 1,280円)
シチリア島の名物パスタ!シチリアではナスが一年中食べられることから、たっぷりのナスをのせたパスタです。その名前はベッリーニのオペラ「ノルマ」に由来。シチリア島のレシピに忠実に自家製のリコッタチーズを使用、さっぱりといただける一皿です。

ミラノ風リゾット~ミラノ風カツレツを添えて (単品 1,580円)
ミラノの名物として有名な黄色いリゾット。鮮やかな色はサフランによるもの。濃厚なパルミジャーノとお米の愛称は抜群です。リゾットの上には、こちらもミラノ名物のカツレツをトッピング。

[デザート]
ストゥルーデル  ※ランチセットまたはカフェセットでお楽しみいただけます。
サクサクのパイ生地でりんごとレーズンを包んだ、オーストリアからイタリアに伝わった伝統料理。今回はチョコカスタードも入れて、当館レストランのオリジナルアレンジです。

ラーメ・ディ・ナポリ ※ランチセットまたはカフェセットでお楽しみいただけます。
シチリアの伝統的なお菓子。スポンジケーキをチョコレートでコーティングした一品。名前を直訳するとナポリの銅。ナポリの小銭のような可愛らしい丸いかたちのデザートです。

 

開催クレジット

主催:広島県立美術館、NHK広島放送局、朝日新聞社、(公社)日本工芸会
平成27年度文化庁補助事業 




広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum
〒730-0014 広島市中区上幟町2-22  2-22 Kaminobori-cho, Naka-ku, Hiroshima 730-0014 Japan
Tel:(082)221-6246 Fax:(082)223-1444 E-mail:iroeuma2@gmail.com

開館時間

9:00-17:00(入館は閉館の30分前まで)
2016/10/31-2017/3/31までの金曜日は19:00まで開館。
2017/4/1-2017/10/22までの金曜日は20:00まで開館。

休館日

月曜日、年末年始(12/25~1/1)
※特別展会期中・祝日・振替休日を除く。

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ