広島県立美術館

トップぺージ > 特別展 > 第55回日本伝統工芸展
  • 開催中の特別展
  • 次回の特別展
  • 今後の特別展
  • 過去の特別展
  • 図録の販売

特別展
イベント画像
2009年1月21日(水) ~2009年2月8日(日) 

展覧会紹介

日本の工芸技術は特有の気候風土の中から生まれ、長い年月をかけて育まれ磨かれてきました。
本展では、優れた伝統を受け継ぐ陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸を、人間国宝から新進気鋭の若手まで日本を代表する作家の作品323点で紹介します。なお、広島県内からは10名の作家の作品が入選しています。

Craft techniques of Japan have grown out of the climate peculiar to the country and experienced brush-up processes through a long tract of years.
In the exhibition,introduced are about 300 pieces of the ceramics,textiles,lacquer works,metal works,wood/bamboo works,dolls,and miscellaneous crafts produced by the representative Japanese artists keeping up the nation's traditions,from Living National Treasures to up-and-coming young artists.

その他の関連イベント

ロビーコンサート
日時:
1月24日(土)13:00~14:00
演奏:
関 昭憲(サクソフォーン) 足立 真理子(ピアノ)
会場:
当館1階ロビー

※無料です。

講演会「伝統工芸について」
日時:
1月25日(日)13:30~ 終了しました。聴講ありがとうございました。
講師:
白石和己(山梨県立美術館館長)
会場:
当館地下1階講堂

※定員200名(先着順)です。※聴講無料です。事前の申込みは不要です。

美術館で「出張授業」
日時:
1月31日(土)13:30~
講師:
 小林 利幸(木工作家・日本工芸会正会員)
会場:
当館地下1階講堂

※定員200名(先着順)です。※聴講無料です。事前の申込みは不要です。※子ども対象の木工ロクロ体験もあります(約15人)。

ギャラリートーク
日時:
1月23日(金)、24日(土)、30日(金)、2月1日(日)、5日(木)、6日(金)11:00~
講師:
1/23 菅坂安子(七宝)、1/24 金城一国斎(漆芸)、1/30 小松寿山(木工)、2/1 佐故龍平(金工)、2/5 村上勇(陶芸)、2/6 石橋健太郎(全般)
会場:
3階企画展示室

※無料です。(但し特別展入館券が必要です)※事前の申し込みは不要です。

会場

広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum
730-0014 広島市中区上幟町2-22
tel. 082-221-6246

主催

広島県立美術館、NHK広島放送局、朝日新聞社、社団法人日本工芸会

後援

文化庁


チラシをダウンロード PDF:558KB

チラシをダウンロード PDF:682KB


広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum
〒730-0014 広島市中区上幟町2-22  2-22 Kaminobori-cho, Naka-ku, Hiroshima 730-0014 Japan
Tel:(082)221-6246 Fax:(082)223-1444 E-mail:iroeuma2@gmail.com

開館時間

9:00-17:00(入場は閉館の30分前まで)
2018/4/1-2018/9/24までの金曜日は20:00まで開館。
2018/9/25-2019/3/31までの金曜日は19:00まで開館。

休館日

月曜日、年末年始(12/25~1/1)
※特別展会期中・祝日・振替休日を除く。

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ