広島県立美術館

トップぺージ > 特別展 > フレデリック・バック展 木を植えた男
  • 開催中の特別展
  • 次回の特別展
  • 今後の特別展
  • 過去の特別展
  • 図録の販売

特別展

フレデリック・バック展 木を植えた男

イベント画像

Frédéric Back : L’homme qui plantait des arbres

2012年7月14日(土) ~2012年9月17日(月) 
フレデリック・バックは、 「クラック!」と「木を植えた男」で2度のアカデミー賞を受賞するなど、世界的に知られるアニメーション作家です。高畑勲監督、宮崎駿監督にも影響を与えた彼の多彩なスタイルのアニメーションを原画と映像で紹介します。

概要

スタジオジブリの高畑勲・宮崎駿両監督をはじめ、世界のアニメーション作家に大きな影響を与えたアニメーション界の至宝フレデリック・バック氏。その人生を絵画や美しい作品映像とともにたどり、人間フレデリック・バックの全貌を紹介します。同氏は「クラック!」(1981年)、「木を植えた男」(1987年)で2度に渡り、アカデミー賞短編アニメーション部門を受賞しました。その2作品を含む9つのアニメーションの原画や、日々の暮らし、旅の記憶などの膨大なスケッチ群等およそ千点にのぼる作品の展示を実現。同氏の展覧会としては世界初のスケールです。同氏を敬愛してやまないスタジオジブリの高畑勲・宮崎駿両監督の熱い想いを発端に、スタジオジブリと三鷹の森ジブリ美術館の企画制作協力のもと実現したのが本展です。同氏の温かい世界観と自然への深い想いをぜひ感じ取ってください。

作品図版紹介

 
「木を植えた男」(1987年)
 ©Société Radio-Canada In partnership with the Atelier Frédéric Back,Montréal.

 
「木を植えた男」(1987年)
 ©Société Radio-Canada In partnership with the Atelier Frédéric Back,Montréal.


「木を植えた男」(1987年)
 ©Société Radio-Canada In partnership with the Atelier Frédéric Back,Montréal.


「クラック!」 (1981年)
©Société Radio-Canada In partnership with the Atelier Frédéric Back,Montréal.


「クラック!」 (1981年)
©Société Radio-Canada In partnership with the Atelier Frédéric Back,Montréal.


「フードロワイヤン号」(1948年)
 ©Atelier Frédéric Back Inc.

 「大いなる河の流れ」(1993年)
 ©Société Radio-Canada In partnership with the Atelier Frédéric Back,Montréal.
 

作家略歴

フレデリック・バック(Frédéric Back, 1924-)

1924年、当時、国連管理地区であった、フランスのザール地方で生まれ、その後、アル
ザス、パリに移り住む。1941年、レンヌに移り、美術学校に入学。師と仰ぐマテュラン・メ
ウの下で学ぶ。1948年、カナダのモントリオールに移住。美術学校などで教鞭を執った
後、1952年にラジオ・カナダに就職。イラストレーター、セットデザイナーとして働く。1967
年にモントリオール万博受付会場の装飾、地下鉄駅のステンドグラスなどを制作。1968
年にラジオ・カナダでアニメーション部門が設立され、以後、9つのアニメーション作品を
制作。1982年に「クラック!」、1988年に「木を植えた男」で、アカデミー賞短編アニメー
ション部門を受賞。現在もモントリオールに住み、創作活動を行う傍ら、自然保護団体の  ポートレイト
活動などにも参加している。                                         Photo de presse, par Michel Rouette
                                                         © Société Radio-Canada

関連イベント

ウェブ・レポーター大募集
関連企画「ウェブ・レポーター大募集」では日頃、ホームページやブログ、Twitter、Facebook 等で情報
発信をされている方にフレデリック・バック展をご鑑賞いただき、その素敵な感想をインターネットを通じて、
情報発信していただきます。もちろん、ウェブ・サポーターとして当日ご参加いただく方は、無料でフレデリッ
ク・バック展をご鑑賞いただきます。
詳細はこちらから
日  時:7 月20 日(金)17:00 ~ 19:30
受付場所:3 階特別展入口
実施場所:3 階特別展示室内
対  象:ホームページ、ブログ、ツイッター、フェイスブックなどのSNSにて情報発信をされている一般の方
特  典:実施当日限り、フレデリック・バック展ご招待
※事前申し込み不要。直接、開催日時に集合場所にお越しください。


ワークショップ「色鉛筆を使ってバックさんに挑戦!」
重ね塗りができる特別な色鉛筆を使って、バックさんのようにいろいろな色を作って自由に描いてみよう!
講師:加藤宇章氏(造形作家/アトリエぱお代表)
日時:7月21日(土) 10:30-/13:30-(各回1時間半程度)
会場:3階ロビー
定員:各回20名(先着順)
対象:小学校中学年程度(小学生の場合は、保護者同伴で)
参加費:無料
お申し込み方法:催し名、お名前(参加者、保護者)、参加者の年齢(学年)、ご連絡先(お電話番号)、参加人数を添えて、広島県立美術館までお電話(082-221-6246)にてお申し込みください。
※汚れてもよい服装で参加。
※お気に入りの色鉛筆があれば持参可。

トーク&ピアノコンサート
出演:西村由紀江(ピアニスト)、中島清文(三鷹の森ジブリ美術館館長)
日時:7月28日(土)13:30~(30分前開場)
会場:1階ロビー
※事前申込み不要。聴講無料。


フレデリック・バック展親子特別鑑賞会
フレデリック・バック展の親子特別鑑賞会(小学生対象)を開催します。
当日はロビーにて学芸員から特別解説を行ったあと、フレデリック・バックのアニメーションの世界を親子ペアでじっくりご覧ください。鑑賞終了後にアンケートへのご協力をお願いしております。
親子ならではの美術館へのご意見をお待ちしています!

日時:2012年8月4日(土) 10:00~
集合場所:集合1Fロビー
対象:親子ペア2名(小学生対象) ※要事前申し込み
定員:20組親子ペア

特典:フレデリック・バック展にご招待
※要事前申し込み
※7月25日締切。応募多数の場合は7月26日(木)に抽選。定員に達しない場合は,当日でも参加を受け付けます。

※3名様からは入館料が必要です。
申込方法:お電話にて、お名前、年齢(お子さまのみ、学年でも可)、電話番号をお申し付けください。
TEL082-221-6246


ウェブ・レポーター大募集 第2弾
1 回目のウェブ・レポーターを実施後、インターネット上で多くの素敵な感想やコメントがよせられました。
参加者からは「展覧会を紹介する気持ちで作品鑑賞をすると、いつもとは違った展覧会がみえてくる」、「フ
レデリック・バック展は内容が充実していて2 時間では見つくせない!」といった意見が多数。そこで、好
評につき第2 弾を開催します!
関連企画「ウェブ・レポーター大募集」では日頃、ホームページやブログ、Twitter、Facebook 等で情報
発信をされている方にフレデリック・バック展をご鑑賞いただき、その素敵な感想をインターネットを通じて、
情報発信していただきます。もちろん、ウェブ・レポーターとして当日ご参加いただく方は、無料でフレデリッ
ク・バック展をご鑑賞いただきます。
詳細はこちらから
日  時:8月17日(金)17:00 ~ 19:30
受付場所:3 階ロビー
実施場所:3 階特別展示室内
対  象:ホームページ、ブログ、ツイッター、フェイスブックなどのSNSにて情報発信をされている一般の方
特  典:実施当日限り、フレデリック・バック展ご招待
※事前申し込み不要。直接、開催日時に集合場所にお越しください。


絵本の読み語り
バックさんの絵本「木を植えた男」等の読み語りをします。
読み手:広島テレビアナウンサー
日時:8月18日(土) 10:30~/15:00~
会場:3階ロビー
※事前申込み不要。聴講無料。
 
ワークショップ「ファミリー・トーテム・ポール」
自分たちだけのトーテム・ポールを作ろう!
※随時参加可能。本展の入館券が必要です。
  
ロビーコンサート
土曜日12:30~
会場:1階ロビー
鑑賞無料
ギャラリートーク(作品解説会)

 

音声ガイド

音声ガイド機械ガイド点数:33点程度
所要時間:約45分
ナレーション:三國連太郎、竹下景子
特別出演:フレデリック・バック、スーゼル・バック=ドポラー
企画・制作:日本テレビ/アートアンドパート

※変更になる場合がございます。ご了承ください。

 

図録

目次
はじめに
フレデリック・バックからのメッセージ
戦争・国境・民族・民俗~バックさんの自伝を読んで~ 高畑勲
『木を植えた男』を見て 宮崎駿
フレデリック・バックの仕事におけるデッサンの位置―世界を描くこと、それは世界を構築することでもある。 リシャール・ガニエ
 
プロローグ
祖国フランス
出会いと旅立ち
新天地カナダ
旅の記憶
イラストレーション-多様な仕事
テレビの仕事-すさまじい制作のリズム
9 Animations, 1 Message-9つのアニメーション、1つのメッセージ
アクティヴィスト-未来へつなぐ活動
 
付記
フレデリック・バックとその時代

インタビュー
フレデリック・バック、ユベール・ティソン、ノルマン・ロジェ、ジャン・ロビヤール

寄稿
倉本聰、小畑精和、山村浩二、増田春雄
 
リスト
 
仕様
図版フルカラー、A4版、312ページ 2,900円

図録通信販売について

入館料

  当  日 前売・団体
一   般 1,200円  1,000円
高・大学生 900円  700円
小・中学生 600円  400円


※ 学生券をお求めの際は学生証のご提示をお願いします。
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額です。
※ 東日本大震災で避難して来られた方は無料です(1階総合受付でお申し出ください)。


 

オリジナルグッズ

フレデリック・バック のイラスト等を生かしたデザインのグッズを多数ご用意しております。
ご鑑賞の思い出に、そしてお土産として。ぜひ、お立ちよりください。

※グッズ一覧については下記、PDFをご参照ください。
※商品内容は変更となる場合がございます。ご了承ください。
グッズ一覧(PDF:1,388KB)

                                                                        

      ダイカットポストカード                  ダイカットクッション                                  マグカップ

展覧会期間限定オリジナルメニュー

1階 カジュアルフレンチレストラン「La Cigale(ラ・シガール)」
「ごちそうオムレツ-メープルシロップの香りとともに」

広島県立美術館館内のカジュアルフレンチレストラン「La Cigale(ラ・シガール)」にて、フレデリック・バック展会期中、特別メニュー「ごちそうオムレツ-メープルシロップの香りとともに」が登場。
内容は、メインにフレデリック・バックと縁の深いカナダのメープルシロップを使用したオムレツ、そこにカニクリームコロッケや特製ラタトゥイユを添えた、フレンチのセットメニューです。メインのオムレツは、広島産(安佐北区小河原)の濃厚な卵で天然エビやホタテを包み込み、さらに約10㎏もの天然エビを贅沢に使用したアメリケーヌソースとともにいただきます。もちろんオムレツにはメイプルシロップを使用。これによって実現した、独特の香ばしい焼き目も食欲をそそります。メイプルシロップの甘い香りとソースの香ばしさ、そして口の中をさっぱりとさせてくれる特製ラタトゥイユの酸味。これまでにない、コラボレーションを是非、ご賞味ください。また、夏らしい冷製ポタージュスープもセットに。ビシソワーズやパンプキンスープなど日替わりでお楽しみいただけます。
La Cigale(ラ・シガール)のブログはこちらから

【ごちそうオムレツ-メープルシロップの香りとともに】
メイン メープルシロップオムレツ
―特製ラタトゥイユ、カニクリームコロッケを添えて
サラダ 夏野菜たっぷりサラダ
スープ 季節野菜の冷製ポタージュスープ
パン or ライス(広島こしひかり)
コーヒー

1500円(税込)
※メニューは仕入れによって異なります。ご了承ください。
※単品でのご注文はご遠慮ください。

【お子様特典!特別デザートプレゼント】
フレデリック・バック展、絵本ミュージアム2012の会期中、「La Cigale(ラ・シガール)」にてお子様を連れて、お食事をされた限定。お子様に特別デザート(アイスクリーム&ホットケーキ)をプレゼントします。是非、ご家族皆様でご来店ください。
※特別デザートプレゼントは、小学生以下のお子様限定です。
※ドリンクのみのご利用は対象外です。ご了承ください。


【La Cigale(ラ・シガール)について】
カジュアルフレンチを得意とする山口正光シェフによる広島県立美術館内のレストラン。フレンチから和食までを提供しながら、コンソメやフォンドボー、トマトソースに至るまですべてシェフの手作り。和食メニューも充実しており、広島の家庭で親しまれているいりこ出汁を使用し、心やすまる味を提供しています。素材も地元のものを使用し、毎日新鮮な食材を仕入れています。また、縮景園を望むロケーションは、四季折々に素晴らしい表情を見せてくれます。作品鑑賞、縮景園の素晴らしい景色は、お食事のひと時をより豊かにしてくれます。

【山口正光シェフ】
広島グランドホテル、リーガロイヤルホテルで20年間シェフを務め、その後創作料理をメインとする居酒屋のシェフを務め、現在シェフ歴25年。ホテルで学んだフレンチや洋食をメインとしながら、居酒屋での和食の経験を生かして多彩なメニューを提供。得意メニューは、国産牛・豚ミンチを使用したジューシーなハンバーグ!


3階ティールーム「徒夢創家(トムソーヤ)」
「みんな大好きアイスクリーム―メイプルリーフ・クッキーを添えて」
3階展望ロビーに隣接したティールームは、縮景園の四季を眺めながら、
ゆったりとした雰囲気で喫茶をお楽しめる場所として大人気。そして夏といえば、みんな大好きなスイーツ、アイスクリーム。今回は、フレデリック・バック展にあわせて通常のアイスクリームを本展のためにリニューアル。クリームをサンドしたメープルリーフ・クッキーを添えて、キャラメルソースをかけてお召し上がりいただきます。これまで通り、バニラとあともう一種類は3種類のアイスクリームからご自由にお選びいただけます。
鑑賞後の余韻を楽しみながら、心地よいひと時を。
ぜひお試しください。

【みんな大好きアイスクリーム
                ―メイプルリーフ・クッキーを添えて】
バニラアイス
(プラス、ゆずソルベ or チョコレート or キャラメルバニラから一種をお選びください。)
メープルリーフ・クッキー
300円(税込)

相互割引

「フレデリック・バック」展の会期中、チケットの提示により、提携飲食店及び映画館においてサービスを受けられます。また,提携飲食店のレシート及び映画館のチケット提示により当館の「フレデリック・バック」展を団体料金でご覧いただけます。
詳しくはこちらから

前売券委託販売先

名称 所在地 電話番号
デオデオ(地下1階) 広島市中区紙屋町2-1-18 082-247-5111
福屋八丁堀店(7階) 広島市中区胡町6-26 082-246-6911
福屋広島駅前店(7階) 広島市南区松原町9-1 082-568-3942
天満屋広島アルパーク(3階) 広島市西区井口明神1-16-1 082-501-1745
ゆめタウン広島 広島市南区皆実町2-8-17 082-264-3411
イズミサンモール 広島市中区紙屋町2-2-18 082-248-3222
イズミ五日市店 広島市佐伯区五日市5-5-17 082-923-5123
ゆめタウン祇園 広島市安佐南区西原5-19-44 082-874-8111
ゆめタウン安古市 広島市安佐南区高取北1-6-11 082-872-1333
フジグラン広島 広島市中区宝町2-1 082-243-7111
㈱安芸美材 広島市中区鉄砲町1-18 082-221-9766
㈲ギャラリーヨコタ 広島市中区立町2-6 082-247-6536
㈱ブラック画材 広島市中区鉄砲町4-5 082-211-3322
ガレリア・レイノ㈱ 広島市中区大手町3-7-3 082-245-2305
㈲ピカソ画房 広島市中区堀川町4-7 082-241-3934
広島大学 消費生活協同組合 広島市南区霞町1-2-3 082-257-5941
生活協同組合ひろしま ※注文制 廿日市市大野原1-2-10 0829-50-0390
広島県立美術館友の会 広島市中区上幟町2-22 082-221-6246
(財)くれ産業振興センター ※会員のみ購入可能 呉市中通1-2-31 0823-25-3691
(有)トミタ画材 呉市中央6-2-16 0823-21-1820
呉市文化振興財団 呉市中央3-10-1 0823-25-7878
ゆめタウン呉 呉市宝町5-10 0823-23-9200
中国電力厚生指定店会 広島市中区小町4-33 082-241-0211
ゆめプラザ(広島県商工会連合会) 広島市中区本通8-28 082-544-1122
泉水亭(縮景園内売店) ※4月20日まで販売 広島市中区上幟町2-11 082-222-1450
ひろしま文化振興財団 ※「一般」券のみ販売 広島市中区大手町1-5-3 082-249-8385
ゆめタウン黒瀬 東広島市黒瀬町楢原100-1 0823-82-5511
ゆめタウン東広島 東広島市西条土与丸1-5-7 082-423-1111
ゆめタウン学園店 東広島市西条下見6-2-32 082-423-1361
ゆめタウン江田島 江田島市大柿町飛渡瀬180 0823-57-7000
ゆめタウン蔵王 福山市南蔵王町5-9-18 084-943-4311
ゆめタウン松永 福山市柳津町1-5-7 084-934-8855
ゆめタウン南岩国 岩国市南岩国町1-20-30 0827-32-2111
ローソンチケット(Lコード:69276)、チケットぴあ(Pコード:765-156)、セブン-イレブン(セブンコード:016-856) ※7月13日以降は当日料金

開催クレジット

主催
広島テレビ、広島県立美術館

企画制作協力
スタジオジブリ、三鷹の森ジブリ美術館

特別協力
アトリエ・フレデリック・バック、ラジオ・カナダ 

後援
ケベック州政府在日事務所、広島市、広島市教育委員会、広島県PTA連合会、広島市PTA協議会、読売新聞広島総局、中国放送、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz、エフエムふくやま、尾道エフエム放送、エフエムはつかいち76.1MHz

協力
EPSON、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン、楽天トラベル、オークヴィレッジ、セラヴィリゾート泉郷、認定NPO法人 環境リレーションズ研究所

巡回先

東京展】2011年7月2日~10月3日 東京都現代美術館
【札幌展】2012年3月17日~5月27日 札幌芸術の森美術館
【広島展】2012年7月14日(土)~9月17日(月・祝) 広島県立美術館 

 


関連ウェブサイトへのリンク

フレデリック・バック展公式サイト(外部サイト:日本テレビ)
フレデリック・バック展広島会場公式サイト(外部サイト:広島テレビ)



広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum
〒730-0014 広島市中区上幟町2-22  2-22 Kaminobori-cho, Naka-ku, Hiroshima 730-0014 Japan
Tel:(082)221-6246 Fax:(082)223-1444 E-mail:iroeuma2@gmail.com

開館時間

9:00-17:00(入館は閉館の30分前まで)
2016/10/31-2017/3/31までの金曜日は19:00まで開館。
2017/4/1-2017/10/22までの金曜日は20:00まで開館。

休館日

月曜日、年末年始(12/25~1/1)
※特別展会期中・祝日・振替休日を除く。

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ