広島県立美術館

トップぺージ > 特別展 > 永田萠―夢みるチカラ展~少女のこころを忘れないあなたへ~
  • 開催中の特別展
  • 次回の特別展
  • 今後の特別展
  • 過去の特別展
  • 図録の販売

特別展

永田萠―夢みるチカラ展~少女のこころを忘れないあなたへ~

イベント画像

Moe Nagata Power of Dreaming ~ For You Who Keep Your Girl's Heart & Mind ~

2012年12月5日(水) ~2013年1月14日(月) 
「カラーインクの魔術師」と呼ばれる高度な技術と色彩感覚で花と妖精を描き、多くのファンを魅了し続ける永田萠。本展では、当館展示のために描きおろした新作をはじめ、季節に合わせたカラーインクやリキッドアクリルによる作品、友禅技法を取り入れた絹絵作品など150点以上により、夢と色彩あふれるモエ・ワールドをご紹介します。

画像:永田萠《風の翼》2012年

概要

「現実をしっかり生きていないと、夢は描けない。」―永田萠の夢みるチカラ

色彩豊かで透明感に秀でたカラーインクを駆使して、妖精や花を独自の世界観で表現し続ける永田萠。自然に恵まれた兵庫県加西市に生まれ育ち、移り変わる季節の中で芽吹き、花咲く風景に、やがて精霊の存在を信じるようになったそうです。一方、ユニークなご両親のようで、椅子に乗ってはいけないというルールを守れば、家中どこに落書きをしてもよかったといいます。襖の裏に模造紙を貼り、いっぱいになったら貼り重ね、壁を塗り直しては乾くのを待ちました。そして、両親は子どもの絵をまず誉め、指導はしませんでした。永田萠は幸せな子ども時代を経て、絵を学ぶために京都へ旅立ちます。

卒業後、グラフィックデザイナーとして仕事をしていた作者は、やっぱり好きな絵を描いていきたいと1975年にイラストレーターとして独立、1978年に始めての絵本『もえと妖精たち』を自費出版、これが永田萠の大きな転機となりました。『花待月に』で1987年ボローニャ国際児童図書展青年部門グラフィック賞を受賞、「ふみの日」シリーズなど記念切手も手がけ、近年は友禅技法を取り入れた絹絵やリキッドアクリル絵具など新たな領域にも果敢に取り組んでいます。

「現実をしっかり生きていないと、夢は描けない」という永田萠の描く妖精は、現実の子どものフォルムに羽が描かれています。2年生と3年生の1学年の違いを描き分けるために、小学校の前でじっと観察し続けたこともありました。花を描くときには、植物の形態を観察に基づいて表現しています。妖精が花に座っているときは転がり落ちないように、花の中にいるなら背中が痛くないように、妖精たちが危なくないように考えられています。

この展覧会では、永田萠の花と妖精のいる不思議な世界を150点以上の作品でご紹介します。当館での展示のため、この夏に描かれた未発表の新作を一番にご覧いただける機会です。


作品について

使用する画材はカラーインクです。透明度の高さと発色の良さが特徴で、永田萠が表現しようとする軽やかで美しい色彩の世界に一番適した画材です。紙は水彩紙を使います。

カラーインクは、もともとデザイン分野で使用されていた歴史の浅い画材で、日本でもカラーインクのみで制作する作家はごく少数とか。
その理由のひとつ、褪色という最大の弱点をかかえているため作品の保存が難しいことが考えられます。展覧会場でも褪色への対処が最大の課題です。厳重な保存状態でも自然褪色をしますが照明を直接あてると、2週間目くらいから褪色が始まり、ピンク、紫、グレーなどパステル系のやさしい色合いから色が落ち始め、強めの赤や青色は反対に黒ずんできます。

ですから、皆さんの目にふれる展覧会での作品はすでに描いた直後よりも、少し色が落ちています。「こんな色で描きたい」と思った作者の筆あとを正確にたどりたい、と思われたら、どうぞできる限り機会を逃さず原画展にお運びください。
またカラーインクは、湿度や気候などに左右されたり、思いどおりにならない自由人。その意外性と先達のいない未開分野を開拓する魅力も大きく、永田萠にとって弱点はあっても一生つきあいたい画材のようです。

※「永田萠オフィシャルサイト」より転用。

作品図版紹介


w永田萠《風の翼》2012  

永田萠《風の翼》 2012年                     永田萠《夢のはじまり》 2012年

永田萠《キュンキュンきのこ組》2008  永田萠《小さなもえ》1978  永田萠『クリコさんと笑わないクマ』より2010

永田萠《キュンキュンきのこ組》 2008年             永田萠《小さなもえ》 1978年   永田萠『クリコさんと笑わないクマ』より 2010年

永田萠《白いらくがき》1978  

永田萠《白いらくがき》 1978年                       永田萠《夕焼け色のコンチェルト》 2011年

※本ページ内に記載された画像及び内容の無断転載・複製を禁じます。

作家略歴

デザイン会社、出版社、製菓会社でグラフィックデザイナーとして勤務した後1975年にイラストレーターとして独立。
「カラーインクの魔術師」と呼ばれる技術と色彩感覚、花と妖精をテーマにした夢あふれる作風で、画業37年を経た今も第一線で筆をとる。
これまで絵本、画集、エッセイなど140冊を超える出版物の制作とともに、広告媒体や企業商品等のコマーシャルアートも両立。公共機関に設置される陶板画や舞台ホールの緞帳も含めて作品の展開は幅広い。郵政省(現日本郵便)発行の切手制作も、これまでに39種を手がけている。
1987年に『花待月に』(偕成社)でボローニャ国際児童図書展青少年部門グラフィック賞を受賞。
2000年に開催された国際淡路花博(ジャパンフローラ)では、公式ポスター、キャラクターマークを制作した。 国内では数多くの定期的な巡回展の他に、デンマーク、台湾、フランスでも作品展を開き、積極的に可能性を開いている。
また近年、白い絹地に染料で描く「絹絵」に着手し、これまでの画材では不可能だった屏風や掛け軸などの展開にも意欲を燃やす。 
行政・教育関連の各委員会にも多数携わり、社会貢献の意識を保つよう努力している。自身のマネージメントを業務とする株式会社妖精村を拠点に活動中。

キッズ・モデル募集!

―展覧会の開会式に出演してみませんか。
このたび、広島県立美術館にて12 月5 日に開幕する「永田萠―夢みるチカラ」展では、永田萠作品に登場する妖精をイメージしたコスチュームを専門学校文化服装学院広島校の協力を得て、制作しております。
そこで今回は、素敵なコスチュームを着て開会式のテープカットにご参加いただく、キッズ・モデルを募集いたします。
コスチュームのサイズは、90 ㎝・110 ㎝・130 ㎝(靴は含まれておりません)。詳細は下記、募集要項をご参照ください。皆様のご応募お待ちしております!

応募用紙ダウンロードはこちらから(PDF:543KB)

[募集要項]
募集人数:
3名(90 ㎝・110 ㎝・130 ㎝の洋服サイズの女の子、各1 名)

応募条件:
開会式当日(12 月5 日8:45-10:00)、前日試着およびリハーサル(12 月4 日17:00-18:00)に参加できる方
両日ともに保護者同伴で参加できる方
当日は報道の取材等が予想されます。お子様の姿などが、当館を含む広報媒体に掲載されることをお許しいただける方

審査方法:
書類選考のみ

特  典:
キッズ・モデルご本人、保護者の方を「永田萠―夢みるチカラ」展へ開会式当日ご招待
「永田萠―夢みるチカラ」展招待券を10 枚プレゼント
 
応募期間:
11 月12 日-11 月26 日(必着) |結果通知| 採用者のみ11 月28 日に連絡

応募方法: 
応募フォーム(上記よりダウンロード)に必要事項を記入の上、郵送またはE-mail(「※ E-mail でのご応募について」をご確認ください。)にてご応募ください。

送付先:
〒730-0014 広島市中区上幟町2-22  広島県立美術館 「キッズ・モデル募集」係
Tel: (082)221-6246 E-mail: iroeuma2@gmail.com
 
※ E-mail でのご応募について
下記、応募フォームにご記入いただく事項をすべてメール本文にご記入いただき、お写真は添付にてお送りください。E-mail でご応募された場合、保護者同意欄につきましては、採用者のみ後日、ご署名及びご捺印をお願いいたします。

※ 個人情報の取り扱いについて
ご記入いただいた個人情報は「永田萠―夢みるチカラ」展キッズ・モデル募集の審査、合否等に関わる各種連絡以外には利用いたしません。お客様から同意を得ることなく、個人情報を第三者に開示することはありません。ましては、採用者のみ後日、ご署名及びご捺印をお願いいたします。

キッズ・モデル決定!!
このたびは、広島県立美術館にて12月5日に開幕する「永田萠―夢みるチカラ」展開会式キッズ・モデルにたくさんのご応募いただきありがとうございました。約50名の応募の中から、厳正なる書類選考の結果、下記の3名の方にキッズ・モデルとして開会式にご出席いただくことになりました。

松井初咲さん
小川未菜さん
木村己桜さん

今回、キッズ・モデルに着用していただくコスチュームは会期中ご来場いただいたお客様にもご試着、写真撮影していただけます。(大人用もあり)ぜひ、ご来場の際は妖精になって、永田萠の世界をお楽しみください。


イベント

講演会

講演会「夢見る力が育んだもの」
日時:12月9日(日)13:30~(開場30分前)
講師:永田萠(イラストレーター・絵本作家)
会場:地階講堂
※聴講無料。申込不要(先着200名)
 

作家によるギャラリートーク

日時:12月5日(水)、1月5日(土)10:00~
講師:永田萠(イラストレーター・絵本作家)
会場:2階展示室
※聴講無料(入館券が必要です)

サイン会

日時:12月5日(水)11:00~/12月9日(日)15:00~/1月5日(土)11:00~
会場:1階ロビー
※当日先着60名。各日30分前からグッズ売り場にて整理券をお渡しします。ご購入いただきました書籍、複製画にサインをします(お一人様1回)。

ギャラリートーク

日時:12月7日(金)、21日(金)、1月11日(金)11:00~/12月7日(金)、1月4日(金)18:00~
講師:当館学芸員
会場:2階展示室
※聴講無料(本展の入館券が必要です)

永田萠 ・絵本の読み語り

12月15日(土)13:30~
会場:2階展示室内絵本コーナー
読み手:村上美和(読み語りボランティア)
※参加無料(本展の入館券が必要です)

あなたも妖精になってみませんか?

展覧会会期中、妖精の羽根と衣装を身に着けて、永田萠作品の世界の中で自由に写真撮影できます(妖精の衣装は女の子用90サイズ、110サイズ、130サイズ、女性用があります)。カメラはお持ちください。
会場:2階ロビー
※参加無料 ※12月8日(土)、12月23日(日)は撮影会となります

プロカメラマンによる妖精撮影会

妖精になったあなたをプロカメラマンが撮影、その場でプリントしてプレゼントします。
12月8日(土)、12月23日(日)10:00~、13:00~、15:00~
会場:2階ロビー
※各回20名程度、10分前から整理券をお渡しします。 ※参加無料(本展の入館券が必要です)。
お問い合わせ先:当館またはRCC文化センター082-222-2276

ウェブ・レポーター大募集!!

インターネットで情報発信をされている方に永田萠展をご鑑賞いただき、その素敵な感想をインターネットを通じて、情報発信していただきます。もちろん、ウェブ・レポーターとして当日ご参加いただく方は、無料で永田萠展をご鑑賞いただけます。
日時:12月7 日(金)17:00 ~ 18:30
受付場所:2階特別展入口  実施場所:2 階展示室内
対象:ホームページ、ブログ、ツイッター、フェイスブックなどのSNSにて情報発信をされている一般の方
特典:実施当日限り、永田萠展にご招待ギャラリートーク(作品解説会)

【熱~い声援にお応えして・・・追加で豪華イベント決定!!】

永田萠が読む、永田萠の絵本~永田萠からのプレゼント♪
日時:12月24日(月・祝)11:00-12:00(開場30分前)
会場:地階講堂
読み手:永田萠(イラストレーター・絵本作家)
※聴講無料、事前申し込み不要(先着200名)
対談・永田萠×越智裕二郎「永田萠の制作の秘密に迫る!」
日時:1月6日(日)11:00-12:15(開場30分前)
会場:地階講堂
出演:永田萠(イラストレーター・絵本作家)、越智裕二郎(当館館長)
※聴講無料、事前申し込み不要(先着200名)
サイン会
日時:12月24日(月・祝)13:30-、1月5日(土)14:30-、1月6日(日)13:30-
会場:1階ロビー
※当日先着60名。各日30分前から1階ロビーにて整理券をお渡しします。ご購入いただきました書籍、複製画にサインをします(お一人様1回)。

入館料

  当  日 前売・団体
一   般 1,000円  800円
高・大学生 600円  400円
小・中学生 無料  

※ 9:00~17:00(金曜日は19:00まで)
※ 12月5日(水)は10:00から。入館は閉館30分前まで。
※ 学生券をお求めの際は学生証のご提示をお願いします。
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額です。
※ 東日本大震災で避難して来られた方は無料です(1階総合受付でお申し出ください)。
※ 「浮世絵の美」展(12月4日~1月14日)の入館券をお持ちの方は、団体料金でご覧いただけます。



グッズ

ポストカードやクリアファイルを中心に永田萠の作品世界をご自宅でもお楽しみいただけるグッズをたくさんご用意しております。
また、季節商品としてカレンダーなども取りそろえております。展覧会とあわせてぜひ、2階特別展特設グッズコーナーへお立ちよりください。

  
 

展覧会期間限定オリジナルメニュー

 

3階ティールーム「徒夢創家(トムソーヤ)」

永田萠―夢みるチカラ展オリジナルメニュー「苺とベリーのムースケーキセット」
 

3階展望ロビーに隣接したティールームは、縮景園の四季を眺めながら、ゆったりとした雰囲気で喫茶をお楽しめる場所として大人気。今回は、永田萠―夢みるチカラ展の開催に合わせて、苺とベリーのムースケーキセットをご用意いたしました。さわやかなゼリーにはぷちぷちとした食感の楽しい、ブルーベリー、苺がたっぷり。その下の層には、口どけのよい甘酸っぱいムースとビターなココアスポンジ。食感も楽しいケーキを楽しみながら、甘酸っぱい妖精の世界にひたってみてはいかがでしょうか。お飲み物もついて、かなりお得な価格で提供しております。鑑賞後の余韻を楽しみながら、心地よいひと時を。ぜひお試しください。












 【苺とベリーのムースケーキセット】

 価格 550円(税込)

 (1ドリンク付き コーヒー、紅茶、リンゴジュース、オレンジジュース)
 ※ケーキ単品でのご注文も可能です。(350円税込)
 

前売券委託販売先

名称 所在地 電話番号
エディオン広島本店(8階) 広島市中区紙屋町2-1-18 082-247-5111
福屋八丁堀店(7階) 広島市中区胡町6-26 082-246-6911
福屋広島駅前店(7階) 広島市南区松原町9-1 082-568-3942
天満屋広島アルパーク(3階) 広島市西区井口明神1-16-1 082-501-1745
ゆめタウン広島 広島市南区皆実町2-8-17 082-264-3411
イズミサンモール 広島市中区紙屋町2-2-18 082-248-3222
イズミ五日市店 広島市佐伯区五日市5-5-17 082-923-5123
ゆめタウン祇園 広島市安佐南区西原5-19-44 082-874-8111
ゆめタウン安古市 広島市安佐南区高取北1-6-11 082-872-1333
フジグラン広島 広島市中区宝町2-1 082-243-7111
㈱安芸美材 広島市中区鉄砲町1-18 082-221-9766
㈲ギャラリーヨコタ 広島市中区立町2-6 082-247-6536
㈱ブラック画材 広島市中区鉄砲町4-5 082-211-3322
ガレリア・レイノ㈱ 広島市中区大手町3-7-3 082-245-2305
㈲ピカソ画房 広島市中区堀川町4-7 082-241-3934
広島大学 消費生活協同組合 広島市南区霞町1-2-3 082-257-5941
生活協同組合ひろしま ※注文制 廿日市市大野原1-2-10 0829-50-0390
広島県立美術館友の会 広島市中区上幟町2-22 082-221-6246
(財)くれ産業振興センター ※会員のみ購入可能 呉市中通1-2-31 0823-25-3691
(有)トミタ画材 呉市中央6-2-16 0823-21-1820
呉市文化振興財団 呉市中央3-10-1 0823-25-7878
ゆめタウン呉 呉市宝町5-10 0823-23-9200
中国電力厚生指定店会 広島市中区小町4-33 082-241-0211
ゆめプラザ(広島県商工会連合会) 広島市中区本通8-28 082-544-1122
泉水亭(縮景園内売店) ※12月4日まで販売 広島市中区上幟町2-11 082-222-1450
ひろしま文化振興財団 ※「一般」券のみ販売 広島市中区大手町1-5-3 082-249-8385
ゆめタウン黒瀬 東広島市黒瀬町楢原100-1 0823-82-5511
ゆめタウン東広島 東広島市西条土与丸1-5-7 082-423-1111
ゆめタウン学園店 東広島市西条下見6-2-32 082-423-1361
ゆめタウン江田島 江田島市大柿町飛渡瀬180 0823-57-7000
ゆめタウン蔵王 福山市南蔵王町5-9-18 084-943-4311
ゆめタウン松永 福山市柳津町1-5-7 084-934-8855
ゆめタウン南岩国 岩国市南岩国町1-20-30 0827-32-2111
セブン-イレブン(セブンコード:019-559) ※12月4日以降は当日料金

開催クレジット

主催

広島県立美術館、中国新聞社

後援
中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz、
エフエムふくやま、尾道エフエム放送、FMはつかいち76.1MHz、FMハムスター79.0MHz
企画協力
株式会社妖精村
協力
オーシマスタジオ、専門学校文化服装学院広島校

平成24年度文化庁文化芸術振興費補助金(文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業)
 

広島県立美術館パートナーズクラブ

アートそして、おいしい食事
広島県立美術館パートナーズクラブは、皆様にステキなお店とお得情報をお届けします。

広島県立美術館は、名勝「縮景園」や多くのお店に囲まれた市内中心部に位置しています。なかでも、この美術館周辺にはたくさんの魅力的なレストラン、居酒屋、Barなどが点在し、広島ならではの食材や多彩なメニューでバリエーション豊かな食事を楽しむことができます。
広島県立美術館パートナーズクラブでは、これらの近隣飲食店やお店と連携し、美術館でアートを楽しんだ後の素敵な時間を提供いたします。加盟店でスタンプをためると、アート鑑賞ご招待。
 
美味しい食事とともに、アート鑑賞の余韻を感じる。
―素敵なひとときをお楽しみください。

※平成24年12月10日から実施
利用案内
ステップ1
 「広島県立美術館パートナーズクラブ加盟店マップ」、「広島県立美術館パートナーズクラブ加盟店カード」をゲット、(MAPは、広島県立美術館及び加盟店などで配布。カードについては、加盟店に配布。)
 
ステップ2
加盟店にてご飲食。お会計時に「広島県立美術館パートナーズクラブ加盟店カード」をご提示ください。1回のご飲食(または、加盟店での商品ご購入)につき1つスタンプを捺印させていただきます。
 
ステップ3
「広島県立美術館パートナーズクラブ加盟店カード」のスタンプを10個ためて、広島県立美術館へ。
 
ステップ4
広島県立美術館1階受付にて、「広島県立美術館パートナーズクラブ加盟店カード」をお渡しください。開催中の特別展に1名様をご招待。
 
広島県立美術館パートナーズクラブMAP
ダウンロードはこちらから(PDF:1.302KB)

ご使用上の注意
・加盟店にて1回のご飲食ご利用につき、1ポイントです。
・他の割引券、クーポンと併用可。
・カードをお忘れの場合は、レシートに仮捺印させていただきます。次回加盟店にご来店の際、ご提示ください。
・「広島県立美術館パートナーズクラブ加盟店カード」の有効期限は、初回スタンプから1年です。有効期限が過ぎたカードはご使用いただけません。ご了承ください。
・カード紛失の場合は、再発行はいたしませんのでご了承ください。


報道関係の皆様へ

本展に関するプレスリリースを公開させていただきますので、広報・周知にご協力いただきますようお願いいたします。
広報用画像の依頼などは当館までお問い合わせください。
プレスリリース「永田萠―夢みるチカラ展~少女のこころを忘れないあなたへ~」 ダウンロード (PDF:576KB)
プレスリリース第二弾「永田萠―夢みるチカラ展~少女のこころを忘れないあなたへ~」ダウンロード(PDF:589KB)
プレスリリース第三弾「永田萠―夢みるチカラ展~少女のこころを忘れないあなたへ~」ダウンロード(PDF:832KB)

関連ウェブサイトへのリンク

永田萠オフィシャルサイト(外部サイト:株式会社妖精村)




広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum
〒730-0014 広島市中区上幟町2-22  2-22 Kaminobori-cho, Naka-ku, Hiroshima 730-0014 Japan
Tel:(082)221-6246 Fax:(082)223-1444 E-mail:iroeuma2@gmail.com

開館時間

9:00-17:00(入場は閉館の30分前まで)
2017/10/23-2018/3/31までの金曜日は19:00まで開館。
2018/4/1-2018/10までの金曜日は20:00まで開館。

休館日

月曜日、年末年始(12/25~1/1)
※特別展会期中・祝日・振替休日を除く。

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ