広島県立美術館

トップぺージ > 特別展 > 過去の特別展
  • 開催中の特別展
  • 次回の特別展
  • 今後の特別展
  • 過去の特別展
  • 図録の販売

特別展

平成25年度の特別展

イベント画像

第60回日本伝統工芸展

The 60th Japan Traditional Art Crafts Exhibition
2014年2月26日(水) ~2014年3月16日(日) 
陶芸/染織/漆芸/金工/木竹工/人形/諸工芸
世界に誇る日本の工芸 人間国宝から新進気鋭の若手まで、現代日本を代表する作家の作品320点を展覧します。

画像:切嵌象嵌接合せ箱「朝陽」 山本 晃 日本工芸会奨励賞
詳細はこちら

イベント画像

印象派を超えて―点描の画家たち ゴッホ、スーラからモンドリアンまで

DIVISIONISM from Seurat and Van Gogh to Mondorian
2014年1月2日(木) ~2014年2月16日(日) 
19世紀のフランスにモネやルノワールから始まった印象主義が生まれ,その後ゴッホやゴーギャンなどの後期印象派やスーラなどの新印象主義が登場します。彼らは印象派が始めた筆触分割を推し進め,点描主義といわれる画面を点で覆いつくす技法を生み出します。この展覧会ではオランダのクレラー=ミュラー美術館所蔵作品を中心に,スーラ,シニャック,ゴッホなどの点描主義,その究極の到達点であるモンドリアンの幾何学的抽象絵画までの名品約90点で構成します。

画像:フィンセント・ファン・ゴッホ《種まく人》 1888年 油彩・カンヴァス
© Collection Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands
詳細はこちら

イベント画像

第2回広島県ジュニア美術展

The 2nd Junior Kenbiten: Annual Competition of Art for Jjunior in Hiroshima Prefecture
2013年12月18日(水) ~2013年12月25日(水) 
児童・生徒の美術力(感じる力、考える力、みる・かく・つくる力)の向上を図ることを目的とした公募展です。県内から美術作品を公募し、優れた作品を展示することにより、創作活動を奨励するとともに、鑑賞の機会を提供します。
詳細はこちら

イベント画像

シャガール展

Marc Chagall
2013年11月3日(日) ~2013年12月25日(水) 
20世紀を代表する画家の一人として世界中で高い人気を誇るマルク・シャガール(1887-1985)。パリ・オペラ座天井画の習作やバレエ衣装、南仏ニースの国立シャガール美術館の所蔵作品、メッス大聖堂のステンドグラス試作品、絵画や彫刻、陶芸や幅6メートルもの大タピスリーなどにより、知られざるシャガールの魅力を紹介します。
詳細はこちら

イベント画像

広島県立美術館・広島市立中央図書館 連携企画「江戸の広島をめぐる名品展」

2013年10月5日(土) ~2013年10月20日(日) 
広島県立美術館の敷地に立地していた、我が国最初の私立美術館とされる浅野家「観古館」が、大正2(1913)年10月15日に開館して、今年で百年目を迎えます。
百年目を記念して、広島県立美術館と広島市立中央図書館の初めての連携企画として、両館が所蔵する浅野家ゆかりの作品展示を行う「江戸の広島をめぐる名品展」を開催します。

画像:「仏法僧図」画・岡岷山 賛・学如 明和3(1766)年 絹本着色・軸装
詳細はこちら

イベント画像

ゴッホ展 ― 空白のパリを追う

Van Gogh in Paris : New Perspectives
2013年7月22日(月) ~2013年9月23日(月) 
1886年から1888年のパリ時代のファン・ゴッホに焦点をあてた展覧会。この時期は、作家が画家として大きく変貌を遂げた重要な時期にもかかわらず、残された書簡が少なく、研究が遅れてきた部分でした。展覧会では、アムステルダムのファン・ゴッホ美術館の研究チームが7年の歳月をかけ追究した多くの新発見を紹介します。出品作品52点のうち日本初公開が36点、自画像8点が一同に並ぶ、ファン・ゴッホ美術館の改修に伴い可能となった注目の展覧会です。

画像:フィンセント・ファン・ゴッホ 《グレーのフェルト帽の自画像》 1887年 ファン・ゴッホ美術館蔵Vincent van Gogh(1853~1890), Self-portrait with grey felt hat, 1887-09 Paris, oil on cotton,44.5×37.2cm
Van Gogh Museum, Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation)
詳細はこちら

イベント画像

尊厳の芸術展

The Art of Gaman
2013年7月20日(土) ~2013年9月1日(日) 
第二次大戦中、アメリカの日系人強制収容所で、人間としての尊厳と希望を失わず営まれた美術活動を約100点の作品で紹介します。

「尊厳の芸術展」オープニングフォーラムのお申し込みは下記より
http://pid.nhk.or.jp/event/PPG0204901/index.html

イベント画像

【アート・アーチ・ひろしま2013】 ピース・ミーツ・アート!

ART ARCH HIROSHIMA 2013 Peace Meets Art!
2013年7月20日(土) ~2013年10月14日(月) 
「破壊から再生へ」、「対話」、「未来」などをキーワードに、パブロ・ピカソや岡本太郎、藤田嗣治、平山郁夫、山本基、内藤礼など、時代やジャンルを越えた様々な作家たちの作品を通して、美術と「平和」との関係を再考します。

画像:アート・アーチ・ひろしま2013ロゴ
詳細はこちら

イベント画像

第1回新県美展(第65回広島県美術展)

The 65th Kenbiten: Annual competition of art in Hiroshima prefecture
2013年6月15日(土) ~2013年6月30日(日) 
県民の創作活動の奨励と鑑賞の機会を提供するための公募展。

画像:ポスターイメージ
詳細はこちら




広島県立美術館 Hiroshima Prefectural Art Museum
〒730-0014 広島市中区上幟町2-22  2-22 Kaminobori-cho, Naka-ku, Hiroshima 730-0014 Japan
Tel:(082)221-6246 Fax:(082)223-1444 E-mail:iroeuma2@gmail.com

開館時間

9:00-17:00(入場は閉館の30分前まで)
2017/10/23-2018/3/31までの金曜日は19:00まで開館。
2018/4/1-2018/10までの金曜日は20:00まで開館。

休館日

月曜日、年末年始(12/25~1/1)
※特別展会期中・祝日・振替休日を除く。

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ