展覧会
展覧会Exhibition

第2期 サマーミュージアム 美術の教科書! 「あの作品、あの作家」と出会う、学ぶ
Summer Museum: Art Textbooks! Encounter and Learn about Famous Works and Artists

所蔵作品展 第1室 第2室 第3室 第4室

2024年7月19日(金) ~ 2024年10月6日(日)

子どもも大人も楽しめる「サマーミュージアム」。今年度は、「教科書」という切り口のもと、実際の教科書に掲載された当館の作品などを交えながら、美術の面白さを分かりやすく紹介します。

作品画像:靉光《帽子をかむる自画像》1943年 広島県立美術館蔵

 

開催概要

会期:2024年7月19日(金)-10月6日(日)

開館時間:9:00~17:00

※9月23日までの金曜日は20時まで開館、9月24日からの金曜日は19時まで開館
※入場は閉館の30分前まで

会場:広島県立美術館 2階展示室

休館日:8月26日(月)、9月30日(月)

入館料 : 一般510円(410円)/大学生310円(250円)
縮景園共通券:一般610円 /大学生350円

※特別展は別料金
※( )内は20名以上の団体
※障害者手帳をお持ちの方や65才以上の方、県内の大学に在学する留学生の方などは無料。
※当館で開催中の特別展入館券でご覧いただけます。

 

目録

準備中

各展示室の紹介

【第1展示室】美術の教科書!「西洋近代美術」と出会う、学ぶ
クルト・シュヴィッタース 《メルツ 394,ピナコテーク》 1922年
【第2展示室】美術の教科書!「日本の洋画」と出会う、学ぶ
靉光《帽子をかむる自画像》 1943年
【第3展示室】美術の教科書!建築をキーワードに「日本画」と出会う、学ぶ
奥田元宋《秋巒真如》1977年
【第4展示室】美術の教科書!「工芸」と出会う、学ぶ
重要文化財 《伊万里色絵花卉文輪花鉢柿右衛門様式》 17世紀後半

関連イベント

■インスタライブ配信
閉館後の展示室内からギャラリートークをライブ配信します。(約15 分間)
①西洋美術 2024年7月23日(火)17:00~ 講師:山下寿水(当館主任学芸員)
②日本洋画 2024年8月20日(火)17:00~ 講師:角田 新(当館主任学芸員)
③日本画 2024年9月3日(火)17:00~ 講師:隅川明宏(当館主任学芸員)
④工芸  2024年9月24日(火)17:00~ 講師:岡地 智子(当館主任学芸員)

公式インスタグラムはこちらから

■フリートークデー 2024年9月28日(土)9:00~17:00

子供も大人も自由に感想を話しながら気兼ねなく展覧会を楽しんでいただけるよう、フリートークデーを試行的に実施。当日は各種イベントも併せて行います。

●対話によるギャラリートーク
13:00~14:00
講師:福田 浩子(当館学芸課長)、山下 寿水(当館主任学芸員)、岡地 智子(当館主任学芸員)
所蔵作品展に出品中の作品から、学芸員が選んだいくつかの作品をみんなでお話しながら鑑賞します。
※事前申込制〔定員8名〕
※要入館券、2階展示室入口にお集まりください。

●作品を探しに行こう!
当館所蔵品の一部がプリントされた缶バッジを配布します。どの作品か、展示室に作品を探しに行こう。
先着:100名
※要入館券

報道関係の方へ

本展の広報・周知にご協力いただきますようお願いいたします。
広報用画像の依頼などは当館までお問い合わせください。

プレスリリース[PDF:981KB](ダウンロードはこちらから)

 

開催クレジット

主催:広島県立美術館