展覧会Exhibition

生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画
The 135th anniversary of birth of Kawabata Ryushi

特別展

2020年4月2日(木) ~ 2020年5月31日(日)

「昭和の狩野永徳」と評され、横山大観・川合玉堂とともに「近代日本画の3巨匠」の一人に数えられる日本画家・川端龍子。従来の日本画にはなかった、規格外の大作で人々を圧倒し、魅了しました。本展では、50年以上にわたったその画業を回顧します。

作品画像:川端龍子《龍巻》1933年、大田区立龍子記念館
Kawabata Ryushi, Giant waterspout, 1933, Ryushi Memorial Museum

「生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画」チラシPDFデータは
下記よりダウンロードができます。

チラシダウンロードはこちらから(PDF:1.53MB)

出品作品

川端龍子《爆弾散華》1945年、大田区立龍子記念館

川端龍子《南飛図》1931年、和歌山市立博物館

川端龍子《龍巻》1933年、大田区立龍子記念館

開催概要

会期:2020年4月2日(木) ~ 5月31日(日)
休館日:月曜日(5月4日は開館)
開館時間:9:00~17:00
会場:3階企画展示室
※金曜日は20:00まで
※入場は閉館30分前まで
※4月2日は10:00開場

チケット情報

前売券(2020年2月2日~4月1日)・当日券(2020年4月2日~5月31日):広島県立美術館
当  日 前売・団体
一   般 1,300円 1,100円
高・大学生 1,000円 800円
小・中学生 600円 400円

※ 団体は20名以上
※ 学生券をお求めの際は学生証のご提示をお願いします。
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額です。
※ 本券で所蔵作品展もご覧いただけます。

前売券委託販売先(2020年2月2日~5月31日)

上記一覧及び広島市・呉市内の主なプレイガイド、画廊・画材店、ゆめタウン広島、中国新聞社読者広報部などで販売しています。
※広島県立美術館、セブンチケット(セブンコード: 081-735)、ローソンチケット(Lコード:62665)、チケットぴあ(Pコード:685-107)、イープラスでは、2020年2月2日~4月1日の期間中販売しています。

ワンコイン縮景園

本展入館券のご提示により、100円で縮景園にご入園いただけます。

県美×現美×ひろ美 相互割引

「生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画」の会期中、3館で相互割引を実施!
下記いずれかの特別展チケット(半券可)を受付にご提示いただくと、
本展当日料金より100円割引。詳しくは各館にお問い合わせください。
※1枚につき1名様限り、他の割引との併用はできません。

広島市現代美術館(南区比治山公園1-1/TEL 082-264-1121)
式場隆三郎:脳室反射鏡 2020年3月14日(土)~5月17日(日)
広島市現代美術館公式サイトはこちらから(外部サイト)

ひろしま美術館(中区基町3-2[中央公園内]/TEL 082-223-2530)
テレビ新広島開局45周年 アニメ化30周年記念企画 ちびまる子ちゃん展 2020年4月4日(土)~5月17日(日)
ひろしま美術館公式サイトはこちらから(外部サイト)

関連イベント

記念講演会 (共催:広島県立美術館友の会)

「会場芸術-川端龍子の魅力」
日時:4月11日(土) 13:30~15:00 [開場13:00]
講師:木村拓也(大田区立龍子記念館主任学芸員)
場所:地階講堂(先着200名)
※事前申込不要 ※聴講無料

ワークショップ

「龍子の技法体験ワークショップ-制作と鑑賞」
作品《草の実》に使われている金泥技法を実際に描くことを通じて、龍子の考えた西洋と日本の違いについて学びます。
日時:4月18日(土) 13:30~15:30
講師:森山知己(日本画家・倉敷芸術科学大学教授)
場所:地階講堂
定員:10名(中学生以上)
参加費:2,000円
※要事前申込 【Tel:082-221-6246 4月4日締切】

美術講座

「川端龍子-衝撃の日本画」
日時:5月9日(土) 13:30~15:00 [開場13:00]
講師:神内有理(当館学芸員)
場所:地階講堂(先着200名)
※事前申込不要 ※聴講無料

学芸員によるギャラリートーク

日時:4月10日、24日、5月8日、22日(金)
各日:11:00~
場所:3階企画展示室
※事前申込不要
※入館券をお求めの上、3階会場入口付近にお集まりください。

対話型鑑賞会

学芸員と自由に対話しながら、楽しく鑑賞を深めます。
日時:4月25日(土)
各日:15:00~(1時間程度)
ナビゲーター:当館学芸員
場所:3階企画展示室
※事前申込不要
※入館券をお求めの上、3階会場入口付近にお集まりください。

森本ケンタ✕我龍

「衝撃のロビーコンサート」
日時:4月5日(日)12:00~
演奏者:森本ケンタ(ギター)✕我龍(太鼓ユニット)
場所:1階ロビー
※事前申込不要 ※鑑賞無料

写真撮影コーナー

展示室内では、一部作品の写真撮影が可能です。カメラをご持参ください。

関連展示

春の所蔵作品展(当館2階展示室 4月23日~7月19日)では、青龍社で活動した広島出身の日本画家・丸木位里、佐々木邦彦の作品を紹介。特別展のチケットの提示にて無料でご覧いただけます。

公式図録

準備中

特別メニュー

1階レストラン Zona ITALIA in Centro(ゾーナ イタリア イン・チェントロ)

川端龍子展コラボメニュー!

・爆弾散華
前菜のサラダを「爆弾散華」の絵に見立ててカボチャチップ・茄子チップ・ミニトマトを飾りました。

・龍巻
魚料理のソースに魚介のラグーソースを使用しています。「龍巻」の渦に見立てた揚げたカダイフを添えました。

※ランチセットの前菜盛合せの1品として日替わりで提供しています。

3階ティールーム 徒夢創家(トムソーヤ)

準備中

開催クレジット

主催 : 広島県立美術館、広島テレビ、イズミテクノ、中国新聞社
特別協力 : 大田区立龍子記念館
後援 : 中国放送、広島ホームテレビ、テレビ新広島、 広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz、エフエムふくやま、尾道エフエム放送、FMはつかいち76.1MHz、FM東広島89.7MHz
協賛 : 大田鋼管

報道関係者の皆様へ

広報・周知にご協力いただきますようお願いいたします。
広報用画像の依頼などは当館までお問い合わせください。


春の所蔵作品展 前衛の美術 枠組みを突破せよ!
Collection Exhibition Break out of the Frame!

所蔵作品展

2020年4月23日(木) ~ 2020年7月19日(日)

「生誕135年記念 川端龍子展」にちなみ、ロシア・アヴァンギャルドや前衛陶芸集団・走泥社の作品、広島ゆかりの洋画家や青龍社の画家らの、前衛的・挑戦的な作品を紹介します。

作品画像:山路商 《ピエロ》 制作年不詳、広島県立美術館蔵
Yamaji Sho, Pierrot, Hiroshima Prefectural Art Museum

概要

2020年4月23日(木)~ 7月19日(日) 9:00~17:00
※金曜日は20:00まで開館
※入場は閉館の30分前まで

会場:広島県立美術館 2階展示室

休館日:月曜日
※特別展会期中及び祝日・振替休日の月曜日を除く
※川端龍子展開催中は月曜休館

入館料 一般510円(410円)/大学生310円(250円)
縮景園共通券:一般610円/大学生350円
※特別展は別料金
※( )内は20名以上の団体
※障害者手帳をお持ちの方や65才以上の方、県内の大学に在学する留学生の方などは無料。
※当館で開催中の特別展入館券にて無料でご覧いただけます。

同時開催の特別展

生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画
2020年4月2日(木) ~ 2020年5月31日(日)

目録

準備中

主な作品

準備中

関連イベント

準備中

開催クレジット

主催:広島県立美術館

報道関係の方へ

本展の広報・周知にご協力いただきますようお願いいたします。
広報用画像の依頼などは当館までお問い合わせください。