展覧会Exhibition

第69回日本伝統工芸展
The 69th Japan Traditional Kōgei -Art Crafts- Exhibition

特別展

2023年2月15日(水) ~ 2023年3月5日(日)

人間国宝から新進気鋭の若手まで、現代日本の卓越した技と美を一堂に見られる展覧会。現代に生きる「伝統」約280点がここに集結!

作品画像:河野祥篁 透網代花籠「朝露」 日本工芸会総裁賞


「第69回日本伝統工芸展」チラシPDFデータは下記よりダウンロードができます。

チラシダウンロードはこちらから[PDF:1.84MB]

開催概要

会期:2月15日(水)~ 3月5日(日)会期中無休
開館時間:9:00~17:00
会場:3階企画展示室
※金曜日は19:00まで
※入場は閉館30分前まで

出品作品


隠﨑隆一 備前白泥混淆花器 文部科学大臣賞


佐竹孝子 木綿風通織着物「宙」 日本工芸会新人賞


田中義光 蒔絵箱「凛花」 高松宮記念賞


般若泰樹 吹分盤 朝日新聞社賞


林哲也 神代杉網代文様箱「朔望」 東京都知事賞


満丸正人 木芯桐塑布和紙貼「夕浜」 日本工芸会奨励賞


川邉雅規 硝子鶴首花入「凛然」 日本工芸会新人賞

出品目録

準備中

チケット情報

前売券(12月15日~2023年2月14日)・当日券(2月15日~3月5日)
当  日 前売・団体
一   般 700円 500円
高・大学生 400円 200円

※ 中学生以下無料
※ 団体は20名以上
※ 学生券をお求めの際は学生証のご提示をお願いします。
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額です。手帳をご提示ください。
※ 本券で所蔵作品展もご覧いただけます。

前売券委託販売先(12月15日~2022年3月5日)

前売券委託販売先一覧はこちらから(PDF:110KB)

上記一覧及び広島市・呉市内の主なプレイガイド、画廊・画材店などで販売しています。
※広島県立美術館では、2022年12月15日~2023年2月14日の期間中販売しています。

ワンコイン縮景園

本展入館券のご提示により、100円で縮景園にご入園いただけます。

関連イベント

講演会(広島県立美術館友の会共催)

テーマ : 「型の美を求めて~文様の起点と展開~」
講 師 : 鈴田滋人(染織作家、重要無形文化財「木版摺更紗」保持者)
日 時 : 2月18日(土)13:30~15:00(開場13:00)
※聴講無料、要事前申込(当館082-221-6246)

スライドトーク

日時・講師(分野)
2月23日(木・祝)13:30~   金城一国斎(漆芸)
3月4日(土)13:30~    小林松斎(木工)
所要時間 : 約40分
場 所 : 地階講堂
※聴講無料、要事前申込(当館082-221-6246)

インスタライブ配信

当館公式インスタグラムからギャラリートークを配信
日時 : 2月22日(水)17:00~
出演 : 粟根仁志(七宝)
所要時間 : 約15分

子供ワークショップ「学芸員の仕事に挑戦しよう!」

作品解説を書いてみよう。
あなたが書いた解説が新聞に掲載されるかも!?学芸員のタマゴ、この指とまれ!

日 時 : 2月19日(日)13:00~15:30(受付開始12:50)
講 師 : 福田浩子(当館学芸課長)、岡地智子(当館学芸員)
受 付 : 3階ロビー
対 象 : 小学3年生~6年生
募集人数 : 6名程度
※参加無料、要事前申込(当館082-221-6246)

青柳屋 展覧会オリジナルスイーツ

日本工芸会総裁賞《透網代花籠「朝露」》をイメージしたオリジナル和菓子をご用意します。
期間限定:2月15日(水)~26日(日)[1日10食限定]
場所:3階ティールーム

工芸作家の小品販売

日本工芸会会員の作品を、会期中、3階ミュージアムショップで販売します。一点ものの作品をお手頃な価格でご準備しております。

お気に入りを見つけてシェア!

展覧会会場では、一部作品の撮影が可能です。
※作品保護のため、撮影時の注意事項をお守りください。

開催クレジット

主催:広島県立美術館、NHK広島放送局、朝日新聞社、(公社)日本工芸会
協賛:マツダ、大田鋼管、ヒロタニ、ヒロテック
助成:令和4年度文化庁補助事業

報道関係者の皆様へ

広報・周知にご協力いただきますようお願いいたします。
広報用画像の依頼などは当館までお問い合わせください。


冬の所蔵作品展 生誕・結成記念特集/新収蔵作品展 
Collection Exhibition Birth and Formation Celebration Special Collection / New Collection Exhibit

所蔵作品展 第1室 第2室 第3室 第4室

2023年2月14日(火) ~ 2023年4月23日(日)

生誕110年を迎える日本画家・奥田元宋、美術運動・青騎士(カンディンスキーら)結成110年、新人画会(洋画家・靉光ら)結成80年など、作家の節目の年を記念する小特集を行います。新収蔵作品のお披露目も。

作品画像:靉光 《帽子をかむる自画像》 1943年 広島県立美術館蔵
Aimitsu, Self-portrait Wearing a Cap, 1943,
Hiroshima Prefectural Art Museum

 

開催概要

会期:2月14日(火)-4月23日(日)
開館時間:9:00~17:00
※~3月31日までの金曜日は19:00まで,4月1日~の金曜日は20:00まで
※入場は閉館30分前まで

会場:広島県立美術館 2階展示室

休館日:月曜日
※特別展によっては会期中・祝日・振替休日を除く

入館料 : 一般510円(410円)/大学生310円(250円)
縮景園共通券:一般610円 /大学生350円

※特別展は別料金。
※( )内は20名以上の団体
※障害者手帳をお持ちの方や65才以上の方、県内の大学に在学する留学生の方などは無料。
※当館で開催中の特別展入館券でご覧いただけます。