展覧会
展覧会Exhibition

春の所蔵作品展 対決! 5番勝負 ―師VS弟子、東VS西…
Collection Exhibition Five Category Showdown! -Master versus disciple, East versus West...

所蔵作品展

2019年4月17日(水) ~ 2019年6月30日(日)

師と弟子、東と西など作品をさまざまに対比すること
で、美術の多様な楽しみ方を提案する展覧会です。

作品画像:吉田博 《瀬戸内海集「帆船 朝」》 1926年 広島県立美術館蔵
Hiroshi Yoshida, Sailing Boats-Morning(from


1968(昭和43)年に開館した広島県立美術館は、1996(平成8)年に現在の建物に生まれ変わり、昨年は開館50周年 の節目を迎えることができました。
開館以来、多くの方々のご協力を得て、コレクションを充実させてきました。収集重点方針として「広島県ゆかりの美術」 「1920~30年代の美術」「日本およびアジアの工芸」を掲げ、現在は総数5,000点を超えています。
今期の所蔵作品展では、春の特別展「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」(会期:4月13日~5月26日)に触発されて、「対 決!5番勝負」と題した5つの展示が生まれました。特別展同様にさまざまな分野で師と弟子を切り口に、あるいは版画 技法に着目して西洋美術における木版と銅板そしてリトグラフ(石版)、近代日本で花開いた創作版画と新版画を対比しつつ、浮世絵とも対峙させます。さらに東日本と西日本の作家もピックアップいたします。
来館するごとに新しい美の魅力を発見し、心和んでいただける展示をめざし、今後も努力を重ねていくことで、美術館を支えてくださる皆さま方への感謝の気持ちを表してまいります。今年度の所蔵作品展にもご期待ください。

概要

2019年4月17日(水)~ 6月30日(日) 9:00~17:00
※金曜日は20:00まで開館
※入場は閉館の30分前まで

会場:広島県立美術館 2階展示室
休館日:月曜日
※特別展会期中及び祝日・振替休日の月曜日を除く

入館料 一般510円(410円)/大学生310円(250円)
縮景園共通券:一般610円/大学生350円 ※特別展は別料金
※( )内は20名以上の団体
※障害者手帳をお持ちの方や65才以上の方、県内の大学に在学する留学生の方などは無料。
※当館で開催中の特別展入館券にて無料でご覧いただけます。

同時開催の特別展

挑む浮世絵 国芳から芳年へ
2019年4月13日(土)~ 2019年5月26日(日)

目録

出品目録(日本語)
出品目録(英語)

主な主要作品


六角紫水《蒔絵草花図菓子銘々盆》1911年 木・漆・貝・蒔絵・螺鈿


松田権六《水蒔絵平卓》1941年 木・漆・蒔絵・螺鈿


吉田博《瀬戸内海集「帆船 朝」》 1926年 木版・紙


児玉希望《飛泉淙々》1931年 絹本彩色


奥田元宋《青山白雲》1987年 紙本彩色


富本憲吉《白磁壺》1928年 磁器

関連イベント

学芸員によるギャラリーリレートーク

当館学芸員が各室の見どころをリレー形式でご紹介するトークイベントです。
日時:2019年4月26日(金) 15:00~(1時間程度)
場所:2階 展示室
講師:岡地 智子、森 万由子、藤崎 綾、神内 有理(当館学芸員)
※ 申込不要、要入館券。会場入り口でお待ちください。
※ 高校生以下、65 歳以上の方は無料です。学生証および年齢のわかる証明書をご提示ください。

友の会ボランティアガイド

当館友の会ボランティアガイドが所蔵作品展についてわかりやすく解説します。
日時:平日 14:00~/土日祝 11:00~、14:00~(1時間程度)
場所:2階 展示室
参加料:無料
※要入館券(高校生以下無料)、申込不要

開催クレジット

主催:広島県立美術館

報道関係の方へ

本展の広報・周知にご協力いただきますようお願いいたします。
広報用画像の依頼などは当館までお問い合わせください。
プレスリリース[PDF:423KB](ダウンロードはこちらから)